甲府のキャプテンは9シーズン連続でDF山本英臣、副キャプテンには新加入のMF兵働昭弘ら3名

写真拡大

▽ヴァンフォーレ甲府は14日、2017シーズンのキャプテンにDF山本英臣が就任したことを発表した。山本は2009シーズンから9年連続でキャプテンを務めることとなる。

▽キャプテンの山本は、ジェフユナイテッド市原(現・ジェフユナイテッド千葉)ユース出身で、1999年にトップチム昇格。2003年に甲府へ移籍。甲府の守備の要としてプレーしてきた。

▽また、副キャプテンにはGK河田晃兵、MF新井涼平、そして新加入のMF兵働昭弘が就任した。4選手はクラブを通じてコメントしている。

【キャプテン】

◆DF山本英臣

「今年もキャプテンに任命していただき光栄に思います。今シーズンのスローガンと同様に私自身も成長していきたいと思います。また、チームとしてもシーズンを終えたときに、進化したヴァンフォーレ甲府になっているよう頑張りたいと思いますので、応援よろしくお願いします」

【副キャプテン】

◆GK河田晃兵

「今までとやることは変わりませんが、チームの為に頑張りたいと思います。また、ヴァンフォーレ甲府がより良いチームとなり、進化していけるように最善を尽くしたいと思います。今シーズンも応援よろしくお願いします」

◆MF新井涼平

「今シーズンも副キャプテンを務めさせていただくことになりました。副キャプテンの責任と自覚をもって戦いたいと思います。よろしくお願いします」

◆MF兵働昭弘

「とても光栄です。そして、責任を感じます。キャプテンの山本選手をサポートし、チームがいつでも前向きで、一体感を持った集団でいられるよう頑張っていきたいと思います」