13日、おぎやはぎの小木博明(45)と矢作兼(45)がMCを務めるAbemaTVのトークバラエティ『おぎやはぎの「ブス」テレビ』が放送された。「明日のブスのためにブスがブスを語り合う、ブスが主役のトーク番組」として、この日もブスのゲストたちを招き、さまざまなブス事情を深堀り。この日はまず、「飲み会で見たブス」をテーマに激論を交わした。

 街の声を集めたところ、「過剰なボディタッチをしてくるブス」「優しくされた経験が少ないのか、普通に接してるだけなのに、それだけで好意を持ってくるブス」「ブスなのに会計時に財布を出さない」「ブスに限って可愛い子の横に付く」「みんなで酔っぱらっている時に、可愛い子を助けようとする」など、理不尽気味な意見もありつつ、さまざまな証言が登場。


 おぎやはぎの2人は時折「わかる」と同意し、「ブスに限って、かわいい子を介抱する。“私が責任を持って帰らせるから”と割って入ってくる。邪魔ばかりする」「抜け駆けされたくないのかもしれないけど、本当に迷惑」と男目線全開の意見を展開。さらに「街を歩いていると、一人で寝ている女性がいる。そういうのは大体ブス」「連れて帰ってもらえなかったということだから。可愛い子なら送ってもらえる」と言いたい放題に力説した。

 これに対し、以前の放送で“伝説のブス”に認定されてしまった八幡カオルは「一人で酔いつぶれて寝たこと、ありますね」と渋々同意。「まわりからすごく飲まされるんですよ。私もどんどん飲んじゃって、酔いつぶれて置いて行かれる」と説明した。

 すると小木から「みんなお前から逃げたいから、まずお前を潰すんだよ」「二次会に向けての、切り離し式ロケットのようなもの」と辛らつに例えられる羽目に。八幡は「そういう感じもありますね……」と寂しそうな表情を浮かべていた。


(c)AbemaTV