台北市政府提供

写真拡大

(台北 14日 中央社)第55回愛媛マラソンが12日、松山市で開催された。2014年に同市と友好交流協定を結んだ台北市からも選手団が出場し、張シセン選手が2時間57分56秒で女子4位となるなど、早春の走りを楽しんだ。(シ=草かんむりに止、セン=王へんに宣)

台北、松山両市は協定締結以来、文化・スポーツ面での交流強化に尽力。15年には台北市の関係者が松山を視察しスポーツ交流を図ったほか、同年と16年には台北マラソンに松山の選手を招待するなどしていた。

また、大会前の10日には台北市の関係者らが野志克仁松山市長を表敬訪問し、マラソンイベントの実施や行政による大会支援などについて意見交換。双方の文化スポーツ交流のさらなる発展にも期待を示した。

(編集:齊藤啓介)