機能性とデザイン性を兼ね備えたシンプルな客室。写真はツインルーム

写真拡大

2月11日、博多駅(福岡市博多区)から徒歩3分という好立地に、全室全館完全禁煙、機能性とデザイン性を両立させた“宿泊重視型”ホテル「ホテルフォルツァ博多駅博多口」がオープンした。同ホテルは、大分、博多(筑紫口)、長崎に続いて4軒目となる。

【写真を見る】九州各地の名物料理が豊富に揃った朝食ブッフェ

注目なのが、九州の料理を楽しめる朝食ブッフェ。がめ煮、明太子、かしわご飯、博多うどん、もつ鍋などの福岡の名物料理のほか、辛子レンコン、チキン南蛮、さつま揚げ、カステラなど、九州各地の料理が豊富にそろう。

使い心地と居心地にこだわる客室には、電動マッサージクッションまたはフットマッサージャー、多機能マッサージソファなどのマッサージ機器(部屋タイプにより機器は異なる)や、無料で使えるiPadを完備。

トイレ・洗面台が独立した洗い場付きバスルーム(リラクシングツインルームに配備)には、多機能シャワーパネルを導入。より上質なバスタイムを演出する。

そのほか、アメニティバー(開業記念キャンペーンの一環)や無料で提供されるコーヒーサーバー、開放感あるロビー、館内に飾られるオリジナルアートなどさりげない心配りが光る。

「必要なものを必要なだけ贅沢に配した、くつろぎと眠りを追求する宿泊重視型のスマートホテル」というコンセプトで作られた空間は、ビジネスにも観光にも満足度の高い仕様となっている。

旅行者はもちろん、市内からでも週末の気分転換に、女性同士で1泊ステイという使い方もおすすめだ!【福岡ウォーカー編集部/冷川絵美】