Doctors Me(ドクターズミー)- 紙ナプキン・布ナプキン・タンポン 自分に合った生理用品の選び方まとめ

写真拡大 (全7枚)

生理を快適に過ごすこと、これは多くの女性の願いでもあります。そして、その重要なポイントとして「生理用品選び」が挙げられます。

紙ナプキン・布ナプキン・タンポン、それぞれにはメリット・デメリットがありますが、大切なことは「自分にあったものを選ぶこと」です。

今回はそんな女性の悩みの種「生理用品選び」について、まとめて医師に解説していただきました。

自分に合った生理用品を選ぶことの大切さ


生理用品にはいくつもの種類があり、それぞれによってメリット、デメリットがあります。

生理は多くの女性にとって、痛みがあったり、不快感や経血の漏れの心配があったり、身体的、精神的いずれにとっても負担の多い時期でもあります。

このことから、この時期を少しでも楽に快適に過ごせるように、自分に合ったナプキンを使用することは非常に大切なことです。

紙ナプキン


メリット


手軽でたくさんの種類があり、自分の好みの肌触りや吸収量、薄さなどのものが選択できるというメリットがあります。

また、ナプキンは数時間おきに交換する必要がありますが、出先などでも使用済みのナプキンを捨てることができ、汚れたナプキンを持ち歩く必要がないというのは大きなメリットといえますね。

デメリット


品質改良が進み、 吸水力も高まった紙ナプキンですが、素材によってはかぶれてしまったり、あるいは蒸れてかゆみが出たりする例もありますね。

使用する際の注意点


経血量が少ない日でも、数時間おきに必ず、忘れずに交換するようにしましょう。

不快感がないからと言って長時間つけっぱなしにすると、臭いやかゆみの原因になることがあります。

向いているタイプ


出かける機会が多い方、手軽さを求める方など。

布ナプキン


メリット


多くの場合天然素材でかぶれにくいことや、何度も繰り返し使用できることから環境保護の観点からも好ましいといえます。

デメリット


汚れた場合に、出先だと汚れた布ナプキンを持ち歩かなくてはならないこと。

多くの場合手洗い、それに加えて煮沸消毒が必要な場合もあることから、手間がかかるということは言えると思います。

使用する際の注意点


繰り返し使うことから、清潔を保つことが大切になります。
購入前に必要なケアをよく理解して、個々人が扱いが可能なものを選ぶといいでしょう。

向いているタイプ


肌が弱かったり、ある程度の手間を惜しまず、できるだけ環境にやさしいものを使いたいという意識が強い方には向いているといえるでしょう。

タンポン


メリット


経血の漏れが少なく、携帯も手軽であることがメリットといえるでしょう。

デメリット


挿入時や使用中に使い方や人によっては違和感を感じたり、長時間使用すると不潔になりやすく気づきにくいということが挙げられます。

使用する際の注意点


時間ごとに交換すること、使い慣れない方はアプリケーター付などの使用が簡単なものを選ぶとよいでしょう。

向いているタイプ


経血の量が多い方や、スポーツをされる方。ナプキンと併用する場合もあります。

生理や生理用品にまつわるお悩み・疑問Q&A


Q1:生理用品をしていても横漏れ、後ろ漏れが酷いです。対処法はありますか?


A:経血の多い方は、ナプキンとタンポンを併用するといった方法もありますね。

Q2:生理用品をしていても、どうにもならないのでしょうか?


A:小まめに取り換えたり、蒸れにくいものを使用することである程度改善できる場合があります。

Q3:生理用品を頻繁に替えないとダメな理由はなんですか?


A:蒸れなどで雑菌が繁殖するケースが多くあるためです。

Q4:生理の血の量はなぜ初日が多いのですか?またどうしてだんだん少なくなるのですか?


A:生理の出血は2日目に多いという方が多いように思います。ホルモン変化や子宮内膜のはがれてくるタイミングなどによるものと考えられます。

Q5:生理の血、生理中どれくらいの量が出るんでしょうか?


A:健康な方でも個人によって、一周期に、20gから140gくらいの幅があるようです。

Q6:生理の血の粘度や色はなぜ変化するのですか?


A:個人差もありますし、年齢、ホルモンバランスなどによっても変化することがあります。

最後に医師から一言


生理の時は、気分が必要以上にブルーにならないように生理用品も、自分にあったものを選びたいですね。

(監修:Doctors Me 医師)