14日、韓国メディア・韓国日報は、北朝鮮の中長距離弾道ミサイル「北極星2型」の登場により、韓国軍の対応戦略に全面修正が避けられない情勢となったと伝えた。写真は南北境界に近い韓国側の都羅展望台。

写真拡大

2017年2月14日、韓国メディア・韓国日報は、北朝鮮が12日に発射した中長距離弾道ミサイル「北極星2型」で以前より迅速かつ秘密裏にミサイルを撃つ能力を備えたことが明らかになり、韓国軍の対応戦略に全面修正が避けられない情勢となったと伝えた。

韓国軍は、北朝鮮のミサイル発射の兆候を事前に探知し破壊する武器を確保する先制攻撃戦略「キルチェーン」の構築を2023年を目標に進めており、国防部はこれまでに17兆ウォン(約1兆6800億円)の予算を投入している。しかしキルチェーンが有効なのは、北朝鮮のミサイルに液体燃料が使用されている場合に限られる。実際、北朝鮮の主力弾道ミサイルである800余基のスカッド・ノドン・ムスダンにはすべて液体燃料を使われており、燃料注入にかかる時間などを考慮すると、米韓の偵察能力によってミサイル発射の兆候を把握できる可能性が高くなるのだ。

しかし今回、新たに固体燃料が使用された「北極星2型」が500キロを飛行、事実上打ち上げが成功したことで、キルチェーンの前提が崩壊した。固体燃料は注入した後、長期間保管できるため、北朝鮮がいつ発射するのか把握するのが困難になるのだ。特に、北朝鮮は100〜200台の移動式発射車両を保有しているとされ、こうしたミサイルが移動しながら発射された場合、その発射地点を予測するのは事実上不可能になる。

このような状況を受け、韓国のネットユーザーからは「これで韓国は終わった」「金正恩(キム・ジョンウン)がどんどん軍事力を拡大している中、朴槿恵(パク・クネ)は崔順実(チェ・スンシル)事件で手一杯」「対応が常に後手に回っている」「防衛産業不正の影響もあるような気がする」など悲観的な意見が多く寄せられた。(翻訳・編集/三田)