スピンオフを含むすべての『LAW&ORDER』シリーズを手掛けるディック・ウルフ

写真拡大

米NBCの人気犯罪ドラマ『LAW & ORDER ロー&オーダー』のスピンオフ版『Law&Order: True Crime--The Menendez Murders(原題)』に、『Glee』と『キャッスル』のあの人が殺人犯役に決定したことが分かった。米Varietyなどが報じている。

スピンオフは、1989年に起きたライル&エリック・メネンデス兄弟による両親殺人事件を取り上げる8話構成のミニシリーズ。ビバリーヒルズの裕福な家庭で育ったメンデス兄弟がショットガンで両親を殺害して有罪となり、その裁判の行方を追った実録ドラマとなる

ライルを演じるのは、FBI捜査官がカルトグループを追い詰めるドラマ『ザ・フォロイング』でジェイコブ役を演じたニコ・トルトレッラ。そしてエリック役には、ミュージカルドラマ『Glee/グリー』や『コミ・カレ!!』にゲスト出演したマイコ・オリヴィエ、兄弟の父親役には、ベニート・マルティネス(『アメリカン・クライム』)がキャスティングされている。

この他、兄弟の母親役にはロックシンガーで女優のコートニー・ラヴ(『ラリー・フリント』)、兄弟の弁護を引き受けたレスリー・アブラムソン弁護士には、イーディー・ファルコ(『ナース・ジャッキー』)がすでに決定。数々の『LAW & ORDER』シリーズを手掛けてきたレネ・バルサーがショーランナーを務め、アブディ・ナゼミアン(『ニューヨーカーに変身する方法』)が脚本を担当することとなっている。

スピンオフは、今月よりカナダのバンクーバーで撮影開始される予定。(海外ドラマNAVI)