【価格高騰】新車時よりも価格が高くなってきた人気中古車3選

写真拡大 (全6枚)

限定車やクラシックカーじゃないのに新車より高い

中古車というのは一旦誰かが登録して走行した車両のことで、当然ながら新車価格よりも手ごろな価格で店頭に並んでいるという認識が一般的だろう。

なかには新車価格を上まわる価格が付けられているものもあるが、そういった車両は限定でごく少数生産されたスペシャルモデルや、何十年も経過したクラシックカーだというのが相場である。

しかし、最近はクラシックカーの領域までいっていない、通常に販売されていたモデルにも驚くような価格がついているものも登場し始めている。今回はそんな「気づけば高値安定になってきた車種」をご紹介しよう。

.曠鵐澄CR-X SiR(2代目)
参考新車価格:154.7万円(1989年9月)

ホンダのハッチバックモデルであるシビックとコンポーネンツを共有しつつも、シビックよりも軽量コンパクトで、ショートホイールベースのディメンションを持つのがCR-Xだ。1989年にはリッター100馬力を達成したTVECエンジン(B16A型)を搭載するSiRグレードが追加され、ジムカーナなどのモータースポーツシーンで大活躍していたのを記憶している方も多いのではないだろうか。

そんなCR-Xは、モータースポーツだけでなく一部ヤンチャな若者たちにも絶大な支持を受け、激しく走り込まれた結果、良質な個体が激減。そのため中古車相場価格も急上昇してしまったというわけだ。

今ではVTECエンジンを搭載するグレードだけでなく、ベーシックなグレードもエンジン換装を前提に高値で取引されている状況で、カスタムされた個体よりもフルノーマルに近いものにより高値がついている。

▲肇茱拭MR2(初代)
参考新車価格:172.9万円(1984年10月)

日本車初の量産ミッドシップ車として登場したMR2。車両価格を抑えるため、当時のカローラのコンポーネンツを前後入れ替えて搭載するなど既存のものをうまく活用した結果、4A-Gエンジンを搭載するグレードでも170万円台という価格を実現していた(廉価グレードでは143.5万円〜)。また、純正状態でトー、キャスター、キャンバーが調整できる稀有な存在でもある。

モデル途中でTバールーフ仕様車を追加したり、スーパーチャージャー付エンジンをラインアップしたりするなどたゆまぬ進化を続けたMR2だったが、同時期に存在していたAE86スプリンタートレノ/カローラレビンの陰に隠れてしまっている感は否めなかった。しかし気づけばMR2もじわじわと中古車相場が上昇しており、こちらも新車価格を超える勢いとなっている。

今でも走り屋に人気の高いFRクーペも高い

F産・シルビア(S13〜S15)
新車参考価格:203.9万円(1992年1月)

もともとはスペシャリティクーペとして登場したシルビアだが、コンパクトなボディにチューニングにも耐えうるポテンシャルを秘めたエンジン、そしてFRレイアウトという部分が走りを愛するユーザーに圧倒的な支持を集めることになった。また、5代目のS13から7代目のS15まで、基本コンポーネンツが共通だったことからパーツの互換性が高いことも人気の要因のひとつとなっている。

デビューから時間が経っているにもかかわらず、代わりになり得る車種が登場していないことから、ドリフト競技では未だにメイン車種として活躍中の同車。

兄弟車の180SXも含めて高い人気を維持しているが、ノーマル状態の車種が激減してきた結果、距離が少なくノーマルに近い車両に高値が付くようになってきている。その一方で即ドリフト競技で上位を狙えるようなカスタマイズが施された車種も当然高値となっており、フルノーマル車とフルチューン車が同等の値段で取引されるという状態となっている。

いかがだろうか? 一時は底値と言われるほど安価で取引されていた車種も、気づけば新車を超えるような価格で店頭に並ぶ時代となっている。

「あの頃は安かったのに」というのはナンセンス。絶版車というのは台数が減ることはあっても増えることは絶対にないものだから、程度良好な個体に高値が付くのは当然のこと。

もちろん人気がなければどんなに程度が良好でも新車価格を超える高値が付くことはあり得ないので、現状高値で取引されている車種は、2017年現在でも高い評価を得ている車種と言えるだろう。