写真提供:マイナビニュース

写真拡大

GitHubは、オープンソースの開発者向けテキストエディター「Atom」を1.14に更新。Windowsでの64ビットネイティブ対応となった。Webサイトからダウンロードできる。

新バージョンではメモリを大量に搭載できる64ビット版OSへのネイティブ対応に加え、大きなファイルを開く際のパフォーマンスの向上などテキストエディターとして基本的な性能を改善しており、公式ブログではv1.14 64bitとCPUを模したAtomのイラストが掲載されている。

また、Ctrl-Tabで表示され、そのままTabで開いているタブ(ファイル)の選択が可能となるtab traversalが直近順に表示されるなど、複数ファイルを開いている際の利便性が向上している。

(長岡弥太郎)