台湾証取、有価証券貸借取引に制限を設定

写真拡大 (全2枚)

(台北 14日 中央社)台湾証券取引所は6日、有価証券貸借取引について、入札した有価証券は強制返却日の10営業日前から新たな貸し付けを行ってはいけないとする規定を追加した。

取引所は市場に参加する人々が法令を調べる際の利便性を向上させようと、有価証券貸借取引の実務的な作業に関する説明をまとめ、条文に入れた。

条文に入れられたのは、証券業者や先物取引業者が有価証券貸借口座を開設する際の関連規定、取引所や証券業者の手数料の計算、受け取り、支払い方法など6項目。

(田裕斌/編集:名切千絵)