Appleの音楽配信サービスApple Musicの利用者数が「2,000万人を優に超えた」と、同社のエディ・キュー上級副社長がRecode Media Conferenceで明かしました。

12月で2,000万達成、メンバーはさらに増加中

キュー上級副社長は正式な数字は明らかにしませんでしたが、メンバー数は現在2,000万人を大きく上回っていると述べました。Appleは昨年12月に、Apple Musicの利用者数が2,000万人に達したと発表しています。昨年9月時点では1,900万人でした。
 
キュー上級副社長はまた、Apple Musicは成長を続けているものの、まだ相当の成長の余地があり、Appleは現状には満足していないと述べています。現在音楽配信サービスを利用しているのは約1億人と推定されていますが、実際にはもっと多くの人々が音楽を楽しんでいるからです。

独占配信契約は音楽業界にプラスにならない

また特定アーティストとの独占契約についてコメントを求められると、キュー上級副社長は、独占配信はあくまでプロモーションのための戦略であり、長期的なものではないと回答。さらに踏み込んで、特定のサービスとの独占配信契約は、長い目でみれば音楽業界にとって決してプラスにならない、と述べました。
 
Tidalはアーティストと独占配信契約を締結、レコードレーベルや音楽業界関係者からは批判の声も出ていました。プリンスの楽曲もつい先日までTidalのみで配信されており、ようやくほかのサービスでも視聴可能となったばかりです。
 
キュー上級副社長はAppleの戦略は、独占的な配信契約を結ぶことではなく、曲作りから配信までアーティストに協力することだ、と説明しています。
 
 
Source:9to5Mac
(lunatic)