写真提供:マイナビニュース

写真拡大

格安SIMサービス「mineo」を展開するケイ・オプティコムは14日、直営店「mineoショップ秋葉原」を外神田3丁目にオープンした。同店ではmineo SIMの即日開通などに対応する。同日、来店客で賑わう店内でショップ店員に話を聞いた。

○「mineoショップ秋葉原」の概要

mineoショップ秋葉原では、即日契約・端末の受け渡しに対応している。店内では新品のスマートフォンやタブレット、Wi-Fiルータのほか、中古端末も販売中(新品は端末により回線とのセット購入が条件となる場合あり。中古端末は単品購入可能)。店頭でmineo端末、またはSIMフリー端末、中古端末を購入したユーザーには、希望に応じて初期設定(SIMカード取り付け、ネットワーク設定、メールアプリ設定)を無償で行う。

持ち込み端末については有料(税抜1,000円)で対応。同店の営業時間は11時から20時まで(即日契約の受付は18時まで)、定休日は毎月第3木曜日など。なお、ホームページでは同店の混雑状況が分かるほか、来店予約もできるようになっている。

○秋葉原は「詳しい」ユーザーが多い

店内でスタッフに話を聞いた。11時にオープンしてから、忙しい時間帯が続いているという。客層に秋葉原ならではの特徴はあるのだろうか。

スタッフによれば「サービスをご存知の方が多いですね。iPhone、iPadをすでに使いこなしているような方が、もう少し利用料金を安くしたいということで、お話を聞きにいらっしゃっています」とのことだった。

インターネットでも、mineoの新規契約は行える。ショップに来店するメリットは、どのあたりにあるのだろうか。先のスタッフは「大きなメリットが2点あります。ひとつは即日SIMのお渡しができる点です。Webだと数日いただいていますが、来店していただければ申し込みに30分をいただき、その後審査してから、だいたい2時間くらいでお渡しが可能になります。また、カウンターでスタッフに不明点などを聞いて、納得してから契約できる点もショップならではのメリットです」と説明していた。

ちなみに同店では、オープニング記念特典としてZenFoneシリーズを購入するとmineoエントリーパッケージセットが提供されるキャンペーンを実施中。先着30名限定で、対象となる機種はASUS製SIMフリー端末「ZenFone 2 Laser」「ZenFone 3」「ZenFone 3 Laser」となっている。このほか、すべての来店客にmineoオリジナルのグミとチョコレートを配っている。こちらも先着で、なくなり次第終了となる。

スタッフは最後に「秋葉原は日本でも屈指の電子街。すでにスマホ、タブレットを活用している方が多い印象です。そうしたお客様のモバイル生活をさらにお得にしたい。気軽に相談だけでも、あるいはスマホを見に来るだけでも歓迎です。秋葉原にお越しの際は是非、ショップにお立ち寄りいただければ。いまならお菓子も貰えます」と笑顔でアピールした。

(近藤謙太郎)