美女と野獣

写真拡大

世界中で愛され続けている名作『美女と野獣』が最高のスタッフとベル役にエマ・ワトソンを迎えて全世界待望の実写映画化。なぜベルは野獣を愛したのか? 知られざる真実がいま明かされる。世界中で愛を誓い合う本日2月14日(火)のバレンタインデー、愛に溢れるこの日、ついに日本版本予告が解禁となった。

今回の本予告編で注目すべきは、新しく生まれ変わった珠玉のラブソング「美女と野獣」。歌姫アリアナ・グランデ(『スクリーム・クイーンズ』)とグラミー賞10度受賞の経歴を持つシンガーソングライター、ジョン・レジェンド(『ラ・ラ・ランド』)という実力派の二人が強力タッグを組み、実写版『美女と野獣』を煌びやかに彩る楽曲を完成させた。

数多くの人気アーティストとの共演経験があるジョンだったが、実はアリアナとは今回が初。『美女と野獣』での夢のデュエット実現に「これは運命だと思う」と喜びを明かしている。アカデミー賞歌曲賞を受賞経験もある彼は「この歌と映画は、外見ではなく内面で人を愛することの大切さを語っています」と映画と楽曲の共通点を語っており、圧倒的な歌唱力を持つ二人が"真実の愛"を歌声でどのように表現するのか注目だ。

また「人々の記憶に残る歌であり映画です。僕たちの歌がそれに応える出来栄えだと感じていただけたら、とても嬉しいですね」と映画の公開を待ち望む世界のファンに向けてコメントを残した。この楽曲が使われた本予告編ではアリアナとジョンのパワフルな歌声が、実写版ならではの美しい映像世界とあいまって、ベルと野獣の愛の物語を一層ドラマチックに引き立てている。二人の歌声も聞けるこの予告編は当サイトの編集部トピックス&動画/突撃レポートに掲載されているのでお見逃しなく!

ディズニーが贈る完全実写版『美女と野獣』は4月21日(金)全国公開。(海外ドラマNAVI)