「イップ・マン 継承」日本オリジナルポスター (c)2015 Pegasus Motion Pictures (Hong Kong) Ltd. All Rights Reserved.

写真拡大

 「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」「トリプルX 再起動」など、ハリウッドでも活躍するドニー・イェンが、ブルース・リーの師匠として知られるイップ・マン(葉問)を演じるシリーズ第3弾「イップ・マン 継承」の日本オリジナルポスター&予告編を、映画.comが先行入手した。

 本作の舞台となるのは、好景気に沸く一方で犯罪が多発する1959年の香港。裏社会を牛耳る最凶の不動産王・フランク(マイク・タイソン)の暴挙から町を守るために立ち上がった詠春拳の達人イップ・マン。家族を命の危険にさらしながら過酷な戦いに挑むが、さらに詠春拳の正統をめぐる死闘にも巻き込まれていく。

 メガホンをとるのは、前2作「イップ・マン 序章」「イップ・マン 葉問」に続き、ウィルソン・イップ監督。また、イェンの才能を見出した武術指導の大家ユエン・ウーピンがアクション監督を務めている。

 ポスターは、イップ・マンが人を模した木の人形で鍛錬を積む姿をフォーカス。「その拳が伝えるのは、愛」というキャッチコピーも添えられており、家族、そして詠春拳の危機に直面しながらも、未来のために身命を賭して闘おうとするイップ・マンの決意が垣間見える仕上がりだ。

 日本オリジナルの予告編では、イェンが多彩な技を使って、元ボクシング世界ヘビー級王者のタイソンや「ドラゴン×マッハ!」のマックス・チャンと白熱のバトルを展開。豪腕を振るうタイソンの攻撃を華麗にかわす姿や、詠春拳の使い手でもある天才武術家チョンに扮するチャンとのスピーディな肉弾戦を切りとっている。

 「イップ・マン 継承」は、4月22日から東京・新宿武蔵野館ほか全国順次公開。