水族館の水槽前でお泊まり体験 大阪・海遊館「女性限定おとまりスクール」開催

写真拡大 (全2枚)

 水槽の前で寝袋をつかって宿泊し、普段は見ることができない夜から朝にかけての生き物の様子を観察することのできる「女性限定おとまりスクール」が、大阪・海遊館で4月に開催されます。対象は18歳以上の女性。イベントを担当する海遊館のスタッフもすべて女性となります。

【関連:夜の水族館にお泊り!大阪・海遊館が参加グループ募集開始】

 1日目は閉館後の静かな夜の海遊館を探検気分で見学。ペンギンの変わった寝姿、ゆったり泳ぐ魚たちの夜の様子を見学することができ、飼育係員は懐中電灯を片手に、生き物たちの夜の姿について解説。見学の後は、2 匹のジンベエザメや泳ぎの優雅なイトマキエイたちが泳ぐ「太平洋」水槽や、カマイルカが遊ぶ「タスマン海」水槽などの前で、寝袋を使い就寝。

 2日目は「ホテルシーガルてんぽーざん大阪」で朝食のビュッフェを楽しんだ後、普段は見ることができない開館前の作業や、生き物たちの様子を貸し切りで見学できるそうです。

 開催日は、4月8日(土)〜23日(日)の土日をつかって計3回(いずれも1泊2日)。定員は各回40名(計120名)で、参加費用1名7,000円(税込み)。なお、寝袋持参が必要となります。


 
 申し込み方法は往復はがきでのみとなり、締め切りは3月7日(火)(必着)です。申し込み方法の詳細については海遊館公式サイトのニュースページにて紹介されています。