スターバックスのチルド飲料の新商品として、2017年2月14日(火)から春の装いの「スターバックス さくら ラズベリーミルク」がラインナップに加わりました。「春の訪れを告げるさくらと華やかなラズベリーの風味」ということで、まだまだ寒い日が続く中、春を先取りするために買ってきて飲んでみました。

スターバックス® さくら ラズベリーミルク|スターバックス コーヒー ジャパン

http://www.starbucks.co.jp/beverage/rtd/4901777300088/

ピンク色で、コンビニの棚でもとても目立っていた「スターバックス さくら ラズベリーミルク」。税込237円です。



さくらとラズベリーの風味をたっぷりのミルクに合わせた品だとのこと。



原材料は生乳(50%未満)、乳製品、砂糖、ココアパウダーなど。ラズベリーやさくらのエキスの類いは使われていません。



1本200gで155kcal。コンビニで売られているスターバックス カフェラテが151kcalで、ほぼ同じぐらいです。



このままストローを突き刺せば飲めますが、「さくらラズベリーミルク」ということで華やかな色をしていそうだったので、開けてみました。



コップに注ぐとこんな感じ。「桜色」と表現するのはちょっと難しそうな、かなり淡い色。わずかに白い斑が入っているのはミルクプディングです。



飲んでみると、ふわっと軽いさくらのような風味が広がるのですが、口の中にはドロッとミルクプディングがなだれ込んできて「!?」と一瞬驚きます。ラズベリーのような酸味・甘みはあまり感じず、むしろ、砂糖などの甘みが牛乳に溶け込んだ「味付き牛乳」といった感じ。この手の、ドリンクの中に食感のあるものが入っているのが好みの人は、やわらかいミルクプディングの食感を楽しめそうです。