「花郎」パク・ソジュン&防弾少年団 V、スチールカットを公開…輝く“ブロマンス”

写真拡大 (全3枚)

「花郎(ファラン)」のパク・ソジュンと防弾少年団のV(本名:キム・テヒョン) がブロマンス(男同士の友情) を披露する。

14日、KBS 2TV月火ドラマ「花郎」側がソヌ(パク・ソジュン) とハンソン(V) の楽しい姿を収めた第18話のスチールカットを公開した。

公開された写真のソヌとハンソンは、仙門(ソンムン:花郎たちが属している所) のある空間に並んで座っている。いつものようにハンソンは明るい笑顔を浮かべながらソヌを見つめている。ソヌも優しそうな眼差しでハンソンを見つめている。約束でもしたかのように指きりする。写真だけでも2人の友情が感じられる。

第17話の後半に流れた予告で、ハンソンの祖父はハンソンの腹違いの兄ダンセ(キム・ヒョンジュン) に「今回のことが失敗したら、ハンソンと命を落とすことになる」と不安になるような話をしていた。残酷な大人の権力争いの中で、日差しのようなハンソンがどんな変化を迎えるのか、果たしてソヌとは何を約束したのか、好奇心をくすぐられる。

また別のスチールカットでは、悲壮な表情のハンソンを見ることができる。ハンソンは6人の花郎の末っ子で、いつも微笑みを浮かべている少年だった。そんな彼が真剣な顔で文を読んでおり、さらに好奇心を刺激する。果たしてハンソンが手にしている文には何が書かれているのだろうか。ハンソンとソヌの約束からその後の運命まで、全て公開される「花郎」の第18話に注目が集まっている。

「花郎」の制作陣は「本日(14日) 放送される第18話では、ハンソンがスピーディな展開の核とも言える役割を果たす予定だ。ハンソンを演じたVは格別な愛情でそのシーンをこなした。演技アイドルとして第一歩を踏み出したV、パク・ソジュンとVのブロマンスにも大いに関心を寄せてほしい」と伝えた。

「花郎」は1500年前、新羅の首都“徐羅伐(ソラボル)”を駆け巡った花郎の情熱と愛、成長を描いた青春時代劇で、第18話は本日(14日) 韓国で放送される。