鹿児島キャンプの松本戦ではボランチとして出場。攻守にアグレッシブなプレーを披露した。写真:佐藤明(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 今季からJ1に復帰する清水エスパルスが2月14日、ブラジル人選手の加入を発表した。ポルトガル1部のチャベスからDFフレイレを完全移籍で獲得。背番号は44番と発表された。

 フレイレはすでに1月30日〜2月10日に行なわれた鹿児島キャンプにも参加。2月9日のJ2松本山雅FCとのトレーニングマッチでは、ボランチとして出場し、激しい守備を見せるとともに、攻撃参加の際にはクロスバー直撃の強烈なヘディングシュートを放つなど、迫力満点のパフォーマンスを見せた。起用ポジションはCBもしくはボランチとなりそうだ。

 フレイレはクラブ公式サイトを通じて、次のコメントを発表している。
「日本でプレーすることが夢でしたし、清水というクラブが夢をかなえてくれました。そのチームのために全力を注ぎ、チームの目標のために頑張っていきたいと思いますので、応援よろしくお願いします」

 フレイレの経歴は以下の通り。

フレイレ(Leandro Freire de Araujo)
DF 44

【出身地】
ブラジル

【生年月日】
1989年8月21日

【身長/体重】
187cm/82kg

【利き足】   


【選手歴】
オルダバス(2014/カザフスタン)-CDナシオナル(2014-2015/ポルトガル)-アポロン(2015-2016/キプロス-チャベス(2016/チャベス)

【2016成績】   
ポルトガル1部リーグ(18試合/0得点)

【通算成績】   
カザフスタン1部リーグ(28試合/1得点)、キプロス1部リーグ(33試合/3得点)、
ポルトガル1部リーグ(59試合/2得点)