米アカデミー賞はどうなる? - 『ラ・ラ・ランド』
 - (C) 2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.Photo credit: EW0001: Sebastian (Ryan Gosling) and Mia (Emma Stone) in LA LA LAND.Photo courtesy of Lionsgate.

写真拡大

 2017年英国アカデミー賞(BAFTA)が発表され、最多11ノミネートを獲得していた『ラ・ラ・ランド』が作品賞、監督賞、主演女優賞を含む5部門で受賞を果たし、オスカーにさらに近づいたと報じられている。

 同賞は、英国映画テレビ芸術アカデミーが主催しているイギリスで最も権威ある映画賞。この2年間は米アカデミー賞作品賞とは異なる映画を作品賞に選んできたものの、それ以前の6年間は米アカデミー賞と同じだった経歴を持つ。Deadlineによると、英国と米国アカデミーの重複会員は何百人もいるため、さまざまな組合賞、協会賞などよりもオスカーを占う指標になると言う。

 今回、『ラ・ラ・ランド』のほかに複数の賞を受賞したのは、『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』と『マンチェスター・バイ・ザ・シー』のみだった。第70回英国アカデミー賞(BAFTA)の主な受賞結果は以下の通り。(澤田理沙)

■作品賞
『ラ・ラ・ランド』

■監督賞
デイミアン・チャゼル 『ラ・ラ・ランド』

■主演男優賞
ケイシー・アフレック 『マンチェスター・バイ・ザ・シー』

■主演女優賞
エマ・ストーン 『ラ・ラ・ランド』

■助演男優賞
デヴ・パテル 『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』

■助演女優賞
ヴィオラ・デイヴィス 『フェンシズ(原題)』

■アニメ映画賞
『クボ・アンド・ザ・トゥー・ストリングス(原題)』

■ドキュメンタリー映画賞
『13th -憲法修正第13条-』

■外国語映画賞
『サウルの息子』

■イギリス映画賞
『わたしは、ダニエル・ブレイク』