【閲覧注意】サンシャイン水族館の「毒毒毒毒毒毒毒毒毒展」が帰ってきた! 今回は見る・触れる・嗅ぐなど五感で毒を体感できるそうな

写真拡大

2014年夏に開催されて、超話題になったサンシャイン水族館の「毒毒毒毒毒毒毒毒毒展(もうどく展)」。毒々しさしか感じない特別展に興味をそそられまくりました!

そんな「毒毒毒毒毒毒毒毒毒展」の第2弾が3月16日から6月25日まで開催決定! 展示生物が一新され、前回とはまた違った毒を持つ生き物たちを愛でることができるんですってー!!!

【毒を持つ生物が大集合!】

毒を持つ生き物約25種類を展示する「毒毒毒毒毒毒毒毒毒展・痛(もうどく展2)」。今回は、3つのコンセプトに沿ってゾーン分けがされます。

「魔女の毒薬調合室〜防御するための毒をもつ生物〜」ゾーンには、ヤスデやムカデ、カエル、淡水エイなど外見も毒々しい生き物たちを展示。

「マッドサイエンティストの研究室〜毒を利活用する生物〜」ゾーンでは、毒ヒレや毒牙をもつ魚類や強毒のクラゲ、刺激臭を放つスカンクなどに出会えます。

「レッドゾーン〜死亡例のある生物〜」ゾーンには、人を死に至らしめることもある最恐レベルの毒生物が勢揃いするとのこと。ひええええ、コワイけど興味あるわぁ〜!

【五感で猛毒を感じる特別展】

注目の生き物は、タンパク毒を持つムカデの最大種「ペルビアンジャイアントオオムカデ」や、陸ガメで唯一毒を持つ「ミツユビハコガメ」、牙に神経毒を持つ「コバルトブルータランチュラ」など。

さらに、今回は、見るだけでなく触れたり、嗅いだりといった体験もできるのだとか。例えば、3000種類の香りを操るという調香師・匹田愛さんが調香した「スカンクの分泌液の臭い」を体感することが可能。実際にスカンクの臭腺を嗅いで調香したらしいけど……どんな臭いなんだろうか……。

また、サンシャイン水族館本館内の「カナロア カフェ」と「ショップ アクアポケット」では、見た目が毒々しいメニューや特別展オリジナルグッズが販売されるみたい。猛毒を体感できる機会なんてめったにないし、ある意味楽しみです♪

参照元:プレスリリース
執筆=夢野うさぎ (c)Pouch

画像をもっと見る