人気シュートボクサーのRENA (C) 2017 MARVEL & ABC Studios

写真拡大

現在大ヒット中の映画『ドクター・ストレンジ』をはじめ、『アベンジャーズ』シリーズなどで人気のマーベル作品では、数多くの男性ヒーローが活躍している。だが、実はそのマーベル作品の人気を支えているのが、強くて美しい女性ヒーローたち。男性顔負けのパワーと女性ならではの繊細さ、そして何より芯の強さを併せ持つ彼女たちは、マーベル作品にとって欠かせない存在だ。

[動画]人気シュートボクサーのRENA、女性ヒーロー「ジェシカ・ジョーンズ」について語る

そうした中、元スーパーヒーローの女性が主人公の最新作『マーベル/ジェシカ・ジョーンズ シーズン1』のブルーレイ&DVDが3月3日にリリース。デジタル配信も開始となる。そのリリース日が「ひな祭り」であることにちなみ、活躍を期待する女性ヒーローを選んで応援メッセージと一緒にツイートすると抽選で豪華賞品がもらえる「マーベル“戦う女性ヒーロー”総選挙」が2月13日よりスタートした。

これを記念し、インタビュー映像が解禁となったのが、ツヨカワ格闘家代表として、昨年の大晦日に日本中を熱狂させ、絶大な人気を誇るシュートボクサーのRENA。

好きな戦う女性ヒーローはジェシカ・ジョーンズというRENAは、本作を見て自分が「ジェシカに似ているな!」と思ったという。ジェシカはドSキャラだが、自身もSっ気があるようで、「練習で人を追い込むことがすごく好きなので、結構Sっぽいと言われます」とニッコリ。続けて「ジェシカは心の中に多少問題があって、解決したいんだけど…みたいな心の葛藤も、昔の自分自身と重なったりして、共感して見ちゃいそうです。それに、私もお酒が好きなので(笑)」と照れくさそうに共通点を告白した。

ストーリーについては「1話からまさかの展開で、少女を助けたと思ったらとんでもないことが起き、のっけからすごいドラマだなって思って(笑)、この先どうなるんだろうって一発で引き込まれました。次々にいろんなことが起こって、ハマって見ちゃいそうですね」と興奮気味にコメント。

また、「自分自身に重ね合わせることができたり、ある意味身近な作品だと思います。その中で、ジェシカが車をパーンって止めたり、そういう非現実的で面白い要素も詰まってるので、いろんな楽しみ方ができます。アクションもすごいですよね」と作品の魅力を解説。さらにインタビュー映像の中では、マーベル作品の魅力や、アクションシーンについて格闘家ならではの感想も語っている。

『マーベル/ジェシカ・ジョーンズ』は「アベンジャーズの戦い」の後の欲望渦巻くニューヨークのスラム街ヘルズ・キッチンを舞台に、主人公の元スーパーヒーロー、ジェシカが忘れたい過去と対峙しながら、マインドコントロールを操る最強の敵を倒すために心理戦に挑むサスペンス満載のアクションドラマ。ブルーレイ&DVDリリース、デジタル配信が3月3日にスタートとなるほか、ブルーレイ COMPLETE BOX(1万2000円+税)、DVD Part1,Part2(各4700円+税)も発売される。

また、キャプテン・アメリカの恋人が活躍する『エージェント・カーター シーズン2』のブルーレイ&DVDリリース、デジタル配信も同日開始となる。

なお、2月13日よりスタートした「マーベル“戦う女性ヒーロー”総選挙」の公式ページは以下。http://www.disney.co.jp/studio/campaign/marvelwoman.html