新ドラマ「フランケンシュタインの恋」にヒロイン役として出演する二階堂ふみ

写真拡大

綾野剛が主演を務める、4月スタートの日曜ドラマ「フランケンシュタインの恋」(毎週日曜夜10:30-11:25日本テレビ系)のヒロイン役に、二階堂ふみが決定した。

【写真を見る】怪物役で日テレ系ドラマに初主演する綾野剛/(C)NTV

同作は世界的な認知度を誇るホラーの原点「フランケンシュタイン」をモチーフに、現代の日本を舞台とした笑いあり涙ありのオリジナルラブストーリー。先日「綾野剛日テレドラマ初主演・初怪物役」と発表され、大きな話題を呼んでいた。

二階堂が演じるのは、怪物と恋に落ちる大学生・津軽継実(つがる つぐみ)。農学部に通い「菌」を研究する“リケジョ”で、どこか自分の人生に対して冷めたところがある女性だ。

怪物と恋をするという難役に挑む二階堂は「非人間とのラブストーリーと聞いて、名作『シザーハンズ』を思い出しました。怪物さんという未知なるお相手にドキドキしています」と明かす。

また、日本テレビの河野英裕プロデューサーも「怪物と恋に落ちる二階堂ふみさん。面白くないわけありません。綾野剛さんと二階堂ふみさん。すごい芝居になるに違いありません」と2人に期待を寄せた。

【STORY】

100年前ある事件をきっかけに生み出された“怪物”。かの有名なフランケンシュタイン博士が生み出した怪物のように、人間に近い形をしながらも確実に人間ではない風貌をしている。しかし、その心は人間に近くむしろ人間よりも心優しい。

そんな怪物が、ひょんなことから人間の若い女性と出会い、やがて恋に落ちていく。だが、怪物は人間とは触れ合えないある秘密を抱えており、この“温かい感情”が自身を苦しめる…。