「被告人」キム・ミンソク、チソンの前に姿を現す

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
キム・ミンソクがチソンの娘をかくまっていた。

13日に韓国で放送されたSBS月火ドラマ「被告人」では、パク・ジョンウ(チソン) の面会に来たイ・ソンギュ(キム・ミンソク) の姿が描かれた。

この日ジョンウは「お客さんだ」という刑務官の言葉に、イ・ソンギュをどうにかして探し出すと言っていたソ・ウネ(少女時代 ユリ) を思い浮かべた。しかし彼を訪れてきた面会人は、あれほど探していたイ・ソンギュだった。

ジョンウはイ・ソンギュに「お前が知っていること、全部話してくれ」と頼んだ。しかしイ・ソンギュは口を開かず、「もう行かなきゃ。すぐ戻るって言ったから」と立ち上がった。

するとジョンウはイ・ソンギュが誰かと一緒に来たと察し、それが娘のハヨン(シン・リナ) であることを知った。

イ・ソンギュは絶叫するジョンウに背を向け車に乗った。車にはハヨンが乗っていて、ハヨンはイ・ソンギュを叔父さんと呼んで懐いている様子で、衝撃を与えた。