「気になる人はいるけど私はモテないし、バレンタインなんて関係ない……」って思っていると、ますます非モテに磨きがかかっちゃいますよね。


今回は、非モテ女子がバレンタインにやるとモテるかもしれない言動についてお届けします。さっそく見ていきましょう!

1.どさくさに紛れて好きな男子にチョコを渡そう!


バレンタインのなにがいいって、どさくさに紛れて意中の男子にチョコを渡せることですよね? お菓子メーカーが、どさくさに紛れて告白してもいい状況をつくってくれているわけです。

それに今や、義理チョコを渡すのが、女子の義務みたいになってしまっているわけですから「はい、義理チョコね」と言いつつ、チョコの中にちゃっかりラブレターを仕込んでおくとか……これくらいの大胆な行動だって、どさくさに紛れりゃあ、できるでしょ?

バレンタインムードに乗っかって


非モテ女子として、正しくバレンタインのどさくさに紛れることがポイントだと思います。「あたしは非モテだから」と、しれっとしてバレンタインムードに乗っからないというのも良くないですよね。

みんなが義理チョコを渡しているときに、ひとりで恥ずかしがって、チョコを渡すタイミングを逸してしまっても、良くないですよね。非モテ女子として、正しくバレンタインのどさくさに紛れてみることです。

2.待ち伏せしてチョコを渡す


今時、待ち伏せしてチョコを渡すなんて、マンガやドラマの中だけのこと……と思うかもしれません。が、これを非モテ女子がやるから、男心にズキューンと響くのです。

モテている女子がこれをやっても、わりと男心に響きます。「おれだけのために」待ってくれている……この事実って、ほかのどんな事実よりも重たく、ありがたく思うのが男子です(ありがた迷惑なケースだってありますが)。

ましてや非モテ女子が待ち伏せすると……「この子、かなり勇気を振り絞って、おれのことを待っていたんだな」と感動するわけです。つまり、非モテ女子が待ち伏せするというのは、モテ女の10倍くらい効果があります。

バレンタインを口実に告白しよう


こちらも、非モテ女子として、正しくバレンタインのどさくさに紛れることがコツではないかと思います。好きな男子を待ち伏せするのって、ホントにホントに恥ずかしいですよね。でも、ときはバレンタインです。

もう、バレンタインを逃しちゃうと、ほかに彼を待てる日なんてないわけです。もちろん、いつ彼のことを待とうと、それはその人の自由なわけですが、「うまい口実」とセットで待てるときって、ほぼないですよね?

彼のことを待つのが恥ずかしいのであれば、友だちを誘ってでもいいので、非モテ女子として、正しくバレンタインのどさくさに紛れて待つことです。


3.男子社員全員に義理チョコを配る


モテ女子を中心に(?)、オフィスの男子社員全員に義理チョコを配る文化が、すっかり根付いてしまっていますよね。非モテ女子は……蚊帳の外というか「義理チョコ配るなんて、お金の無駄よね〜」なんて言っていたりすることもあるそうです(あなたはどうですか?)。

でも、そもそも「モテる」って、「数を打つ」からモテる……こういう解釈もできるのです。つまり「義理チョコを配るなんて……」と思うのであれば、そしてオフィスにまあまあいい感じの男子がいるのであれば、数を打つ=義理チョコを配る。

ある種の男子はもらったチョコを見ても、ホントに義理なのか、気持ちが少し入っているのか、あまりよくわからないので、バレンタインに義理チョコという名の種をまいておくのも、モテにつながる行為なのです。

この方法のコツは?


安いチョコでもいいので、みんなに同じものを配ることでしょう。でないと、どれが義理でどれが義理ではないのか、男子がよくわからなくなります。高価なチョコだからといって、それを本命チョコと思う男子ばかりではないということです。

あくまでも「種まき」のチョコですから、お金をかけず同じ種類の種をまくというのがベターでしょう。たくさん種をまくと、どれか1つは芽を出しますって!


いかがでしょうか。
1.「どうせ」なんて思わずに、ちゃんとバレンタインに参加すること
2.「男子は非モテそうに見える女子が、真剣になっている姿に感動する

この2つのポイントを押さえて、さっそくバレンタインチョコを仕込んでみてはいかがでしょうか。
(ひとみしょう)