【詳細】他の写真はこちら

まさに世界最大のITショー。メイン会場は幕張メッセの数倍規模!



2017年1月5日から8日まで、アメリカ・ラスベガスで世界最大規模のITショー「CES2017」が開催されました。以前は家電中心の展示会だったCESも、今やスマートフォンやIoT製品から自動車メーカー、さらにはARやVRといった最新技術をアピールする新興企業など数千社が出展。4日間ではすべてを回り切れないほどの巨大イベントとなっています。

大手企業が集結する巨大会場「ラスベガスコンベンションセンター」!



実は、CESの開場はラスベガス市内に2つあり、それぞれの間はシャトルバスで結ばれているんです。このうちの片方にあたる「LVCC」(ラスベガスコンベンションセンター)は巨大ホールが3つ、これだけでも幕張メッセの規模を大きく上回ってしまうという圧巻のスケール感。中心に位置するセントラルホールには大手企業が集い、CESの華とも言える会場になっていました。


▲ パナソニックブース、スマートキッチンのデモ

ソニー、パナソニック、サムスン、LGといった有名家電メーカーに加え、インテル、クアルコム、エリクソンといったIT・通信関連企業もここにブースを出展。今年のIT市場のトレンドを掴みたければ、このセントラルホールを回れば十分と言っても過言ではないほど。超薄型TVやスマート家電、5G通信やAIといった最新テクノロジー製品が集結しています。


▲ LGはロボットやディスプレイ付き冷蔵庫を出展

一方、メジャーな自動車メーカーがずらりと集まっているのがノースホール。トヨタ、日産、ベンツ、クライスラーなど、各社のブースには次世代のコンセプトカーや、最新の自動運転技術の展示が目立っています。ここは「脱・家電ショー」を目指すCESの動きが最も見てとれるエリアであると言えるでしょう。


▲ トヨタのコンセプトカー「Concept-愛i」

そしてサウスホールには振興系企業が様々な最新製品を展示しています。スマート家電やドローン、VRを使ったゲームの展示など、家族で訪れても楽しめそうな、まるで次世代テーマパークを思わせる華やかな展示が多いのが特徴です。

個々の展示を見ているだけでもあっという間に1日が終わってしまうCES2017のLVCC会場。下のダイジェストビデオで、その全体の雰囲気をぜひ味わってみてください。



 

撮影・文/山根康広 動画撮影・制作/ITジャーナリストAyano*

関連サイト



CES 2017 公式日本語サイト