受信600Mbps超のモバイルルータをソフトバンクが3月発売「Pocket WiFi 601HW」

写真拡大

ソフトバンクは、下り最大612Mbpsの高速通信に対応するファーウェイ製モバイルWi-Fiルータ「Pocket WiFi 601HW」を3月中旬以降に発売します。

※写真はモックアップ

601HWは、複数の通信高速化技術に対応することで、受信612Mbps(送信37.5Mbps)の高速通信に対応するモバイルWi-Fiルータです。具体的には、複数の周波数帯を束ねる「キャリアアグリゲーション」、送信用・受信用に各4本のアンテナを使い、複数のデータを同時にやりとりする「4x4 MIMO」、情報密度を高めて1度に運べるデータ量を増加させる「256QAM」の3技術に対応します。

なお受信612Mbps対応エリアは一部のみで、今後順次拡大予定としています。

バッテリー容量は2400mAh、連続通信時間は省電力設定で8.5時間、連続待受時間は850時間です。またWi-Fi規格はIEEE 802.11 a/b/g/n/ac、インターフェイスはUSB-C(USB 3.0)に対応します。

ディスプレイは2.4インチ QVGA解像度のタッチ液晶、本体サイズは約109.9×65.1×15.5mm/約135g。カラバリはブラック・ホワイトの2色展開です。