LUCIFER/ルシファー

写真拡大

人気の犯罪捜査ドラマで活躍する男女コンビといえば、『X-ファイル』のモルダーとスカリー、『メンタリスト』のジェーンとリズボン、『キャッスル〜ミステリー作家は事件がお好き』のキャッスルとベケット、『BONES -骨は語る-』のブレナンとブースを思い浮かべる人も多いだろう。そんな中、鋭い観察眼を持つ一方で、時に暴走しがちな主人(主に男性)を、しっかり者の相棒がフォローするという形で、絶妙なケミストリーを生み出してきた男女コンビものの系譜を受け継ぐ新作が『LUCIFER/ルシファー』だ。

本作で特に斬新な点は「鋭い観察眼を持つ一方で時に暴走しがちな主人公」に当たるのが、なんと人間ではなく悪魔なこと。地獄の王として君臨するのに飽きたルシファーは、人間の欲望渦巻く"天使の街"ロサンゼルスにやってきてクラブのオーナーとして暮らしているが、ひょんなことから犯罪捜査に協力することに。なんといっても悪魔なので、肉体は不死身、さらには『メンタリスト』のジェーン同様"人の秘密を暴く"という特殊能力も持つ。そして時には、悪者に自ら制裁を加えたりもしてしまうのだ。

そんな、ほぼ無敵の彼にとって珍しく思い通りにならない相手が、相棒のクロエ。LAPDの敏腕刑事であり実は元女優という一風変わったキャリアを持ち、彼が悪魔だと信じない彼女に対しては、ルシファーの暗い秘密を聞き出す能力も、女性たちを魅了する能力もなぜか発動せず。何かしら捜査に鼻を突っ込んでくる彼を煙たがる様子は『キャッスル』の初期の二人を彷彿とさせる。

ルシファー、クロエというこの美男美女コンビを演じるのは、『ワンス・アポン・ア・タイム』のロビン・フット役で知られる英国出身のトム・エリスと、『シカゴ・ファイア』のローレン・ジャーマン。ユーモアのセンスが光りセクシーな魅力もあるルシファーと、そんな彼にツッコミを入れるクロエのやり取りは絶妙だ。本作はさらに、男女のバディものの見どころの一つである恋愛の要素も忘れていない。これまで会ったどんな人間とも違うクロエに次第に惹かれていくルシファー。しかし、それによって彼の身にはある変化が...と、悪魔だからこその一筋縄ではいかない展開が待っている。

"ポスト『メンタリスト』"とも言われる美男美女コンビによる犯罪捜査ドラマの新定番『LUCIFER/ルシファー<ファースト・シーズン>』は3月8日(水)よりリリース。同日DVDレンタル、デジタルセル・レンタル配信もスタートとなる。(海外ドラマNAVI)