浦和FWオナイウ阿道の実弟、情滋。選手権でも存在感を示した、正智深谷の1年生アタッカーだ。写真:安藤隆人

写真拡大 (全4枚)

 今年も、埼玉は激戦必至──。そう思わせる新人戦だった。
 
 ベスト4に残ったのは昌平、武南、正智深谷、西武台と、いずれも全国的に名の知られた強豪4チーム。東部の昌平、南部の武南、北部の正智深谷、西部の西武台と「埼玉全土決戦」となった準決勝は、昌平が武南を2-0で、正智深谷が西武台を3-0でそれぞれ下し、決勝進出を果たした。
 
 昌平は針谷岳晃(ジュビロ磐田へ)、松本泰志(サンフレッチェ広島へ)ら主軸が抜けたが、GK緑川光希、DF関根浩平、石井優輝、山下勇希、FW佐相壱明ら昨年のメンバーが多く残り、さらに10番を背負うMF渋屋航平、身体能力が高いMF伊藤雄教、突破力が光るMF原田虹輝といった能力の高い新2年生が台頭し、戦力は充実している。
 
「昨年はこの時期で、ある程度なにができるか計算できた。でも、今年はそれが分からないぶん、『どんなチームになるのだろう』という期待感が大きい。それだけのポテンシャルを持った選手がいるので、変化が望めると思う」と、藤島崇之監督も手応えを口にしており、戦力ダウンの印象はまるで受けない。加えて指揮官は「新入生も数人はここに絡んでくるはず」とさらなる競争を示唆しており、上手くハマれば昨年以上の力を発揮できるかもしれない。
 
 かたや正智深谷は、CB中村友空、ボランチの谷口瑛也、FW海老塚宝良、梶谷政仁のセンターラインが柱だ。そして新チームを根底で支えているベースは、2年連続で出場した選手権であると、小島時和監督は分析する。
 
「選手権の経験が本当に財産になっている。選手たちの自信につながり、周りが『選手権出場校』として意識してくれるのも大きい。チームはまだまだ課題が多いけど、良い緊張感と安定感の中でプレーできていると思います」
 
 西武台戦では、風下の前半に相手の攻撃をしっかりと耐え凌ぎ、風上に立った後半開始早々にセットプレーから中村が先制、その10分後にDF福井康太とMF須々田宗太が立て続けにゴールネットを揺らし、あっという間に試合を決定付けた。この勝負勘が、今年の武器となりそうだ。
 
 ベスト4に終わった武南と西武台も虎視眈々と覇権奪還を狙う。武南の大山照人監督と西武台の守屋保監督はともに経験豊富な名将で、今後のチーム作りに確かな道筋を見出していた。
 
 大山監督は昌平戦後、「今日は相手の方が、力が上だった。今年は昌平、正智深谷、西武台などをどう崩していくか。新人戦は自分たちの明確な『立ち位置』を知るための場所と位置づけていました。今年は去年に比べて劣る部分があるからこそ、自分たちの立ち位置を明確にすることが大事で、それによってチャレンジャー精神と向上心をより高め、サッカーに打ち込める。これからようやく本格的な強化が始まると思う」と、今後の展望を明かしてくれた。
 
 守屋監督も、「ウチは180cmオーバーの選手がいない。だからこそ全体で繋ぎながらも、勝負にこだわってくるチームに対してもきちんと対処できるチームにならないといけない。まだまだですが、その意識を植え付けて行くことで、全国レベルのチームと渡り合えるチームに仕立てたい」と、青写真を描いていた。
 
 武南には精度の高いプレースキックが自慢のDF清水颯、FW長谷川魁哉と起点になれる選手がおり、西武台にも個の打開力に秀でたMF山口賢人、FW宮田輝とタレントが並ぶ。彼らを軸に、名将のエッセンスがどこまでチームに浸透させられるか。大化けしても不思議ではないチーム力を備える。
 
「昌平、武南、西武台はまだまだこれから伸びてくる。市立浦和、浦和東、浦和南なども本当に侮れない。今回はたまたまこの4強になりましたが、夏、冬とどうなるか分かりませんよ。だからこそ、我々ももっとチーム力を上げていかないといけない」(小島監督)
 
 この小島監督の言葉通り、2017年度も埼玉高校サッカーは、混沌とした覇権争いが繰り広げられるだろう。まずは2月18日、今年最初の埼玉王者が決まる。昌平と正智深谷の一戦を注視したい。
 
 
取材・文・写真:安藤隆人(サッカージャーナリスト)