写真提供:マイナビニュース

写真拡大

3月11日公開の映画『コスメティックウォーズ』(鈴木浩介監督作品)の完成披露試写会が13日、東京・丸の内TOEIで行われ、主演の大政絢をはじめ、井上正大、プロデューサーの丹羽多聞アンドリウが出席した。

大政絢が主演を務める本作は、化粧品業界の裏側をリアルに描いたヒューマンビューティー映画。化粧品を生み出す老舗企業を舞台に、そこへ産業スパイとして潜入したヒロイン・茜(大政絢)の葛藤と成長をリアルに描き出す。

主演の大政は「スタッフの皆さんは良く知っている方々ばかりだったので、私は心地良く撮影に向かうことができました。今回は映画を通して成長していく役柄だったので、基本的には現場で監督さんと色々話つつ演じていった感じです」と振り返り、演じた三沢茜という役柄について「性格的にはすごく真っ直ぐで人に言われたことをすぐ信じてしまうピュアな子なのかな〜と思いながら演じました」とコメント。また、本作ではスッピンも披露しているが、「お芝居が主なので、躊躇はなかったですね。別に顔が汚くても大丈夫かなとは思いましたけど、今回は化粧品会社がテーマだったので、肌のコンディションは完璧にしなければと思い、撮影の2カ月前はお手入れを欠かさずやっていました」と撮影秘話を明かした。

翌日がバレンタインデーということで、バレンタインデーにまつわるエピソードも披露した大政。この日招かれた一般客は女性が多く、そんな彼女たちに「恋人にはそれこそ自分で作ったものを贈った方がいいんじゃないんですかね。それならお腹が痛くなっても『ごめんね』で済みますし(笑)。買うよりも作る方が身近な人には愛情が伝わるのかなと思います」と女性ならではのアドバイスを送った。映画『コスメティックウォーズ』は、3月11日より全国公開。