パッケージから高級感漂う

写真拡大

湖池屋は「KOIKEYA PRIDE POTATO 秘伝濃厚のり塩」「同 松茸香る極みだし塩」「同 魅惑の炙り和牛」の3商品を、2017年2月6日に全国のコンビニエンスストアで、13日にスーパーマーケットなど一般チャネルで発売した。

16年10月1日にコーポレートブランドを統合し、「株式会社湖池屋」として新たな一歩を踏み出した同社。新生湖池屋を象徴するブランドとして、「KOIKEYA PRIDE POTATO」を立ち上げた。

歌うま女子高生のCMでも話題

日本産のじゃがいもを100%使用し、素材も製法も一切の妥協なく、老舗・湖池屋のプライドをかけて理想のおいしさを追求した。

「秘伝濃厚のり塩」は、3種の塩と国産青のりに、アクセントで3種の唐辛子をブレンド。のりの風味と濃厚な味付けが特長だ。

「松茸香る極みだし塩」は、焼津産かつお節と日高産昆布の2つの旨味に松茸の風味を加え、和食ならではの味わいを感じられるポテトチップスに仕上げた。

「魅惑の炙り和牛」は、厚く切った高級和牛を炭火で炙ったような香ばしくジューシーな旨味に、黒こしょうでキレが加わった味わいが楽しめる。

身近な店舗で買えるポテトチップスらしからぬオシャレなパッケージや、「歌が上手すぎる女子高生」鈴木瑛美子さんが全力で「100%日本産のいもを使っているの」などと熱唱しているテレビCMで話題性は抜群。店頭で見かけた人が次々と手にしているようだ。

ツイッターでは、食べてみた人から

「たしかにすごくおいしい。酒のつまみとかにしないでこれだけ食べたい感じ」
「やや厚めのカット、脂分が従来品に比べ少なめ、そこに濃いめの味付け コレは美味しかった♪」
「薄いのに硬く仕上がってる感じ。堅揚げ的な歯ごたえバリバリではないけど、チップスターとかカルビーのポテチみたいな軽さでもない。味が濃いのと合わせて満足感は高い」
「一口目はスナックではなく料理という気も。コイケヤの本気を見せて、いや味わせてもらいました」

などなど、こだわって作られたポテチの仕上がりに絶賛が続出。湖池屋のプライドは、しっかり消費者に伝わったようだ。

価格はオープン。