写真提供:マイナビニュース

写真拡大

楽天トラベル、マタニティ旅行に人気の宿ランキングを発表。1位は静岡県の「伊豆高原 全室露天風呂付きの宿 花の森クラリス」、2位は静岡県の「伊東温泉 伊東ホテル聚楽(じゅらく)」、3位は兵庫県の「洲本温泉 淡路インターナショナルホテル ザ・サンプラザ」となった。

ランキングの集計対象期間は2016年2月1日〜2017年1月31日で、「マタニティ」「プレママ」のキーワードを含む宿泊プランの宿泊人泊数実績をもとに算出した。なお楽天トラベルは、妊婦の旅行については事前に旅程や時期について主治医と相談の上、十分な準備をしておくことを推奨している。

妊婦向けのマタニティプランの販売宿数は前年同期比+26.7%(約1.3倍)に増加しており、対象プランの宿泊人泊実績は前年同期比+41.9%(約1.4倍)に伸張。施設タイプ別では旅館が全体の7割を占め、夫婦(成人男女2人)での利用が全体の8割となり、夫婦水入らずで出産前に温泉旅行に出かける傾向が見受けられた。マタニティプランでは、ノンカフェインの飲み物や抱き枕の用意、体調不良などでキャンセルとなった場合は無料となるサービスなどの特典がついているプランなども展開されている。

1位にランクインした静岡県の「伊豆高原 全室露天風呂付きの宿 花の森クラリス」では、マタニティプランの夕食は通常のコースからグレードアップとなり食材にこだわったフレンチフルコースを提供。また、全ての客室には天然温泉の露天風呂がついているため、夫婦だけでゆっくりと温泉を楽しめる。

マタニティプラン利用者からは、「ノンカフェインのドリンク、抱き枕が用意されていて良かったです。夕飯のご飯が本当においしく大満足。パンお代わりできたところも魅力的でした。部屋の露天風呂も24時間あったかくゆっくりすることができました」との感想が寄せられた。

2位となった静岡県の「伊東温泉 伊東ホテル聚楽(じゅらく)」では、マタニティプランの特典として、持ち帰りができるマタニティウェアを1組につき1着を用意。夕食では、個室ダイニングにて妊婦向けに栄養を考慮した特別メニューを提供している。また、露天風呂付き客室か足湯付客室での宿泊となるため、客室内で優しい肌触りの単純温泉を同行者とゆっくり楽しむことができる。

3位にランクインした「洲本温泉 淡路インターナショナルホテル ザ・サンプラザ」のマタニティプランでは、入り口から脱衣室、浴室まで段差がなく移動しやすい造りの貸し切り風呂「木もれび」の無料サービスがあり、ゆっくりと温泉に入ることができる。また、夕食ではちりめん釜めしの特別メニューを提供している。