美しい風景…… - 映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』ティザービジュアル
 - (C)2017「ナミヤ雑貨店の奇蹟」製作委員会

写真拡大

 全世界500万部を誇る東野圭吾の大ベストセラー小説を、山田涼介主演で実写化する『ナミヤ雑貨店の奇蹟』の公開日が9月23日に決定し、ティザービジュアル第1弾が公開された。夕暮れと星空が入り混じった美しい空、まるで実写のような美しいタッチで描かれた風景。最近これと同じような繊細なタッチをどこかで観たような……そう、同ビジュアルは、大ヒット映画『君の名は。』などの数々の新海誠作品を手掛けてきたコミックス・ウェーブ・フィルムが担当している。

 「東野圭吾史上、最も泣ける」とうたわれている原作を、『余命1ヶ月の花嫁』の監督&脚本家コンビ(廣木隆一&斉藤ひろし)が映画化する本作。山田が演じるのは、2012年のある日、今はただの廃墟となった雑貨店「ナミヤ雑貨店」に訪れ、1980年に書かれたはずの“時空を超えた”手紙を受け取る主人公の敦也。敦也と彼の仲間は突然手紙が届いたことに戸惑いつつも、当時の店主であった浪矢雄治に代わって返事を書くことに。そして敦也たちは、手紙を通して過去と交流していくうちに、ナミヤ雑貨店の秘密と敦也たちが少年時代に過ごしていた養護施設と浪矢の関係を知っていくことになる。

 山田ふんする敦也と手紙を介して通じる、1980年に生きるナミヤ雑貨店の店主・浪矢雄治役を務めるのは西田敏行。ティザービジュアルには、彼がいたはずのナミヤ雑貨店が中心に据えられている。少しさびついた看板がかかった店の姿は2012年のものか、それとも1980年のものなのか。本作のノスタルジックやファンタジー要素を感じさせる一枚となっている。(編集部・井本早紀)