世間がハッピーバレンタインモードの中、「私は女友達と、会社の同僚に義理チョコを渡して、ハイ終了〜」と、心が湿度30%並に乾いている女子のみなさん! 2月6日(月)より、マイナスイオンすら感じる癒やしの恋愛ドラマが始まっているのはご存じでしょうか? その名も『きみはペット』。


本作は、累計発行部数420万部を記録した小川彌生さんの同名大ヒットマンガが原作で、2003年に初めて日本でドラマ化。小雪さんと嵐の松本潤さんのダブル主演で話題になりました。さらに、2011年には韓国でもチャン・グンソクさん主演で映画化され大ヒット! その話題作が新たなキャスティング&演出で、14年ぶりにスタートしたのです♡

ドラマ『きみはペット』のストーリー



大手新聞社に勤める新聞記者・スミレ(入山法子さん)は、容姿端麗・高学歴という才色兼備のキャリアウーマン。すべてがカンペキに見える彼女だが、本当は繊細で恋愛に関してはとことん不器用。


ある日、スミレが失恋した上に左遷という人生のどん底を味わいボロボロになっていたところ、自宅の前でダンボールに入った美しい青年・合田武志(志尊淳さん)と出会う。その青年は、なんとかつての愛犬“モモ”にそっくりだった。そこで彼女は、彼を“ペット”として一緒に暮らし始めることに……。



癒やし&胸キュンシーンが至るところに!?



スミレ役は「ちふれ」のCMでもおなじみ、モデル・女優として幅広く活躍中の入山法子さん。そして注目の “モモ”こと合田武志役は、テレビ『烈車戦隊トッキュウジャー』主演やドラマ『5時から9時まで〜私の恋したお坊さん〜』、『そして、誰もいなくなった』ほか、今年は話題の舞台も控えている志尊淳さんというダブル主演。



見どころはやはり、2人の胸キュンシーンです。まさに子犬のような瞳を持つ志尊さんが、ダンボールの中から出てくるシーンや、思わずスミレがかつての愛犬を思い出しハグしてしまう場面、モモ(志尊さん)をお風呂に入れてあげて、そこからのアレやコレやの……これ以上は書けませんが、原作同様いやそれ以上に(!?)胸キュンシーンが散りばめられています。


そして、スミレが帰宅した時にはモモが玄関口で大喜びでお出迎え。こんなシーンを見てしまったら、画面からマイナスイオンが大量に放たれた気分に。翌朝の化粧のノリまで良くなっていること間違いありません(笑)。

気になる第2話は!?


第1話では、スミレとモモとの出逢いが主なストーリーでした。最初はモモの存在に戸惑うスミレも、次第に彼に癒やされていく中、2話以降では新たな出逢いや出来事が……。


というわけで、2話目以降には、また個性溢れるキャスト達が登場。スミレは高学歴・高収入などとスペックの高い御曹司・伊集院(川久保拓司)と取材で知り合い、デートをすることに。気になる展開はもちろん、胸キュンシーンだけでなくニヤニヤ笑ってしまう場面もいっぱい。


断言しますが、働く女子に必要なのはツンデレ男子よりも、常に自分を受け入れてくれる子犬系ペット男子です。そんなペット男子がスミレとどんな関係になっていくのかも気になるところ。最近、キュンキュンしていないな……という女子にはとくにオススメ♡ ぜひ、週初めの夜にときめいて♪
(ミカマイコ)



「きみはペット」は毎週月曜日深夜〜フジテレビにて放送中。
※FODにて20時〜毎週2話ずつ先行配信中