写真提供:マイナビニュース

写真拡大

fossBytesに2月10日(米国時間)に掲載された記事「10 Reasons Why You Should Learn JavaScript」が、JavaScriptを学ぶべき10の理由を紹介した。JavaScriptはどのプログラミング言語人気ランキングでも上位にランクインするプログラミング言語。Webブラウザで動作することを想定して開発されてきたプログラミング言語だが、最近ではサーバサイドプログラミングやデスクトップアプリケーション、モバイルアプリなどでもJavaScriptを使った開発が行われている。

紹介されている10の理由は次のとおり。

1. Webにおける業界標準のプログラミング言語であり、Webブラウザで特にセットアップを実施することなくどこでも利用できる。
2. 世界で最も人気の高いプログラミング言語の1つである。
3. Webブラウザのみならずサーバサイド、IoT、ネイティブアプリ、クロスプラットフォームアプリ、家電機器などさまざまなシーンで活用されている。
4. 学習が容易である。
5. JavaScriptを必要とする仕事が豊富。
6. ビジュアルエフェクトの加工などにも利用できる。
7. オンラインユーザインタラクションの実装が可能。
8. ゲーム開発が可能。
9. 自身のブログを開発可能。
10. バグバウンティープログラムで対象のプログラミング言語になっている。

Webブラウザで動作するプログラミング言語としてJavaScriptはデファクトスタンダードとなっており、どの主要ブラウザベンダーもJavaScriptエンジンの開発に積極的に取り組んでいる。JavaScriptエンジンの性能は日進月歩で進歩しており、より高速に、より省メモリで動作するように改善が続けられている。

(後藤大地)