キャンプや花見「ハレの日」には「マスク、メガネなし」の花粉症対策を!!

写真拡大

■アウトドアは「ハレの日」。だけど花粉症が

昨今、キャンプをはじめとしたアウトドアアクティビティが人気です。

日本オートキャンプ協会が発表した『オートキャンプ白書2016』(全国のキャンパー3920人と、全国のオートキャンプ場500カ所の経営者・支配人を対象に調査)によると、2015年にオートキャンプを楽しんだ人口(1年間に1回以上のキャンプ経験)は、前年比3.8%増の810万人。800万人台におよんだのは12年ぶりで、今後もますます増加するとみられています。

高額な料金がかかるリッチな海外旅行よりも、自然あふれる国内のキャンプ場に出かけることを好む人、同じ高額料金を払うなら高機能なキャンプグッズを購入して、充実したアウトドアライフを過ごしたいという人など、さまざまなスタイルでアウトドアを楽しむ人があなたのまわりにもいるのではないでしょうか。

最近のアウトドアのトレンドを語るなら「グランピング」も見逃せません。グランピングとは、「グラマラス(魅力的な)」と「キャンピング」の2つの言葉を組み合わせた造語。テントやロッジに宿泊する点においてはキャンプに近いのですが、その施設が高級ホテルのような豪華さで、素晴らしいサービスもついてきます。さほどキャンプの経験がなくてもアウトドアを楽しめるのが、グランピングの特徴だと言えるでしょう。

現在、日本を代表するグランピング施設となっている「星のや富士」が開業したのは2015年10月のこと。これを契機に、日本全国に多くのグランピング施設がつくられていきました。手ぶらでも存分にキャンプを楽しむことができるグランピングの存在が、昨今のキャンプ人気を押し上げているのかもしれません。

このように、最近のキャンプは「多少コストがかかってもいいから、不自由なく、心ゆくまで楽しみたい屋外アクティビティ」へと昇華しつつあります。言うなれば、「ハレの日」として楽しむキャンプ。そうなると当然、写真うつりのよい服を着たり、インスタ映えする料理をつくったりするようにもなるわけです。キャンプ写真はSNSでの反応もいいので、余計に力が入ってしまうのもわかります。

ところが、そんなハレの日のキャンプに影を落とすのが、花粉症問題。せっかくフォトジェニックなキャンプ場にいるのに、自分がマスク姿ではなんだか絵になりませんよね。ハレの日だからこそ、マスクなしの花粉対策を講じたいところです。そもそも、キャンプの主要イベントである食事の際、マスクは邪魔で仕方ありあせん。

ちなみに2017年の花粉の飛散量予測をみてみると、「関東以北で前年の70%台、しかしながら西日本では軒並み200%を上回る見込みで、飛散時期はほぼ例年通りの2月中旬頃となる見込み」(日本気象協会発表)とか。早めに春を迎える西日本のキャンプ場で過ごす予定があるなら、すぐにでも花粉対策が必要のようです。

■写真うつりが大切だから「マスクなし」の花粉対策

そこで注目したいのが、資生堂の「IHADA(イハダ)」ブランド。なんと“マスクを使わない”花粉防御アイテムなのです。

代表的な「イハダ アレルスクリーン」は、顔に適量をスプレーするだけで、ミクロの霧が顔の周りをコーティング。イオンの透明なマスクが、空気中の花粉やPM2.5を反発して吸着を防いでくれるわけですね。

これはたいへんお手軽で便利。写真うつりを気にするシーンでも、メガネ・マスクいらずになります。メークの上からスプレーしてもOKなので、女性にも使い勝手がよい花粉症防御グッズと言えるでしょう。「16年花粉防御スプレー市場剤型シェアNo1」を誇る、いま注目の花粉防御グッズです。

そしてもうひとつ、「イハダアレルスクリーンジェル」も便利なアイテム。花粉の吸着が気になる鼻や目の周りにジェルを塗るだけで、ピンポイントで吸着を防いでくれるという優れものです。ジェルといってもベタつきはなく、すぐにサラリと乾きます。ポケットに入るサイズなので持ち運びに便利。こちらも、ファンデーションの上からでも使えるのが嬉しいところ。

資生堂広報部によると、「これらの商品は、日常の外出全般に気軽にお使いいただけます。花粉が多く飛んでいるような時期や場所、マスクがしたくてもできない環境の方(仕事やイベントなど)にはとくにおすすめです」とのこと。キャンプ以外にも、お花見や勝負デートなど、いろいろな場面で活用できそうです。

「シーズン中は毎日使っています。日にもよりますが、つけているのといないのとではかなり違いがあり、つけているとすごく楽です」
「化粧の上から使えるのがうれしい」
「マスクをしなくても平気になった」

などなど、同アイテムにハマる人は少なくありません。これまで一般的だったマスク、メガネといった花粉対策ではなく、これからはスプレーやジェルを使いこなしてみてはいかがでしょう。

まだまだ花粉対策アイテムの進化は止まりそうにありません。

(上沼祐樹=文)