12日、中国四川省成都市で超高額のバラが販売されていることについて、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真はバラ。

写真拡大

2017年2月12日、中国紙・華西都市報によると、中国四川省成都市で超高額のバラが販売されている。

中国では最近、バレンタインデーの日に男性が意中の女性にバラを送ることが流行となっている。成都ではバラの販売数が前年比で20%増加する見込みで、132万本の販売を予想している。

高品質なバラを求める恋人たちに人気なのが輸入のバラで、価格が急上昇している。生花の卸売市場では、エクアドル産のバラ1束25本が「自由の女神」として販売されているが、価格はなんと1500元(約2万5000円)。1本当たり約60元(約1000円)になるが、これは卸売価格で、店頭販売価格だと1本当たり100元ほど(約1650円)になる。

この超高額なバラは、すでに半月前には予約でいっぱいになっている。品不足のため、卸売市場の店員は1束2000元(約3万3000円)での店頭販売を提案しており、店によっては1束3000元以上(約5万円)になるかもしれないという。

このニュースに対し、中国のネットユーザーからは「3000元だって?だったら1000元の花束に2000元の現金を一緒にプレゼントする方がもっといいだろう」「花は高くて何日ももたない。それよりもっと実用的なものを送った方がいい」など、否定的なコメントが多く寄せられた。

他にも「花より金をくれ」「彼女がいなくて本当に良かった」というコメントもあり、ここまで高額なバラをプレゼントすることに疑問を感じている人が多いようだった。(翻訳・編集/山中)