農家の「しゃあない」をどうにかするために/クボタ 木股社長

写真拡大

労るような手つきだった。クボタのプロダクトカラーであるオレンジ色を基調にしたトラクタの模型を、社長の木股昌俊は包み込むように手のひらに載せた。ざっくばらんで飾らない語り口とは対照的な所作である。

高齢化にともなう離農者の増加と耕作放棄地の拡大……。岐路に立つ日本農業の現状を説明したあと、木股は冗談めかして笑った。

「えらいこっちゃ、と。我々は農家に支えられてきた企業なんです。だからこそ、農家の方々に恩返ししなければ、という思いが湧いてきた。私自身も農家の方にしごかれて、育てられましたから」

クボタの取り組みは、まさに農家への恩返しであり、農業の未来のためのチャレンジでもあるという。GPSを活用した自動運転の田植機やトラクタ、コンバインの開発。圃場ごとの米の収量やタンパク質含有量などのデータから、必要な肥料の量などを割り出し、ICTでつながった農機が作業を行うシステムの構築。鉄をコーティングした種もみを直接田んぼに蒔く新農法の提案。さらには、販路拡大のために米の輸出なども手がけている。

自動運転や田植えが必要ない農法が浸透すれば、農家は重労働からも解放される。極端にいえば、現場に誰もいなくても農業が可能になる。

また高齢の農家がどんどん田畑を手放していく半面、農地を集約した大規模経営が進んでいる。すると何が起こるか。経験がない就農者が増える。ベテランの農家のように勘や経験を頼りにできない。だが、新技術の導入で、新たな担い手でも安定した作物を効率よく安く生産できるようになる。日本農業そのものが変わる可能性を秘めているのだ。

「世の中の課題解決に結びつく製品をつくるのが、私たちのフレームワーク。私も、ものづくりとサービスで社会に貢献するんだという気持ちで入社したんです」と木股は外連味なく語る。

日本農業が直面する苦境は「兼業農家の息子で、実家の田んぼは耕作放棄地になってしまった」という木股自身にとっても切実な問題だった。しかし、それは彼だけではなかった。1977年にクボタに入社した木股が配属されたのは、トラクタを生産する茨城県の筑波工場。従業員の6割以上が兼業農家だった。従業員とはいえ、おいしいお米をつくってきたプロの農家だ。農機に対する反応はシビアで正直である。

筑波工場に勤務していた当時、新しく入社した従業員の家庭訪問を行っていた。木股が納屋を覗くと他社のトラクタが置いてある。従業員の親が「次はオレンジにしますから」と申し訳なさそうに話した、と振り返る。

「あのころの農家は自分が手がける作物に強いこだわりを持っていました。それだけ農機メーカーに対する要求も厳しかったんです」

ひと口にトラクタといっても単に田んぼを耕せばいいわけではない。土地によって土の性質や水の成分が違うし、農家によって苗も異なる。農家それぞれの条件に合う農機具を提供しなければならないのである。

「農機具をつくる私たちが農家になれるくらいに農業を知る必要があるんです。いまも農家の定点観測を行うために茨城に帰っています。文句いわれへんかな、何に喜んでいただいているのかな、と」

茨城に帰る─。さらりと口にした言葉に、現場に足を運び続けた歳月の長さを感じさせる。

春の田植え。苗を育てる苗床と田んぼを何度も往復する。軽トラから苗を降ろして、田植機に載せるだけでも大変な作業である。

「孫のため、子どものため、と楽しそうに田植えしていた夫婦が年をとって、しんどそうに働いているんです。でも、みんな『しゃあない』と思っている。我々は、そこでちょっと待てよ、と疑問を持ってお客様の望みや満足を超えるサービスを提供しなければならないんです。感動はそこから生まれるわけですから」

木股が語る感動とは、顧客の予想を超える技術開発やサービス提供である。そこに息づくのは創業精神だ。明治時代に創業したクボタは、コレラなどの伝染病を防ぐための水道用鋳鉄管の開発を機に発展した。当時、輸入に頼っていた鉄管の国産化は至難の業だったという。

100年前の伝染病撲滅。そして農業の無人化。「世の中の課題解決に結びつく製品を」という思いと、足を運び続ける現場が、予想を超える感動を育むのではないか。

「売れるからといって携帯ゲームをつくったら創業者に怒られるでしょうね。『こら、お前ら!』って」

木股は、再び笑った。

きまた・まさとし◎1951年、岐阜県出身。北海道大学工学部を卒業後、77年、久保田鉄工(のちのクボタ)に入社。筑波工場長、タイ子会社サイアムクボタコーポレーション社長、クボタ副社長などを経て、2014年より現職。前社長が進めたグローバル展開の拡大を引き継ぐ。