写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ローソンは、経済産業省の「バーチャルパワープラント(VPP)構築実証事業」の一環として、IoT化した機器による制御・節電を通じて電力リソースの創出の実証実験を慶應義塾大学SFC研究所と共に行う「ローソン小平天神町二丁目店」を、2月17日に東京都小平市で開店する。同社によると、コンビニエンスストアで「VPP構築実証事業」の採択を受けたのは初とのこと。

新店舗では、自然循環換気・床下吸気による地熱利用・換気トップライトなどを取り入れた省エネ性能の高い建物に加え、IoT化により遠隔制御が可能な蓄電池やLED照明の導入により、遠隔制御・節電によるエネルギーの創出を可能にしたという。

VPPや太陽光発電などによる創エネと最新の省エネ施策の導入により、同店では外部調達する電力量を2015年度の標準的な店舗と比べて約6割削減する見込み。

同店は、IoT化した機器の導入によるエネルギーの一括制御・節電の実現、店舗の建物形状の変更による建物省エネ性能の向上、省エネ性能の高い建築物に与えられる「建築物省エネルギー性能表示制度(BELS)」で5つ星+ZEB認証をコンビニエンスストアとして初めて取得といった特長があるという。

エネルギーの一括制御・節電については、まず、VPP構築実証事業の一環として遠隔制御・節電による電力リソースの創出を図る。加えて、節電したエネルギー量の算出を行うなど、経済産業省が2017年度中の創設を目指す節電市場に向けた取り組みを先行実施するとしている。

店舗の建物形状に関しては、自然換気のための勾配天井及び換気トップライトによる太陽光利用に加えて、地中熱利用のための床下ピットからの吸気を採用したという。

(山本善之介)