JBpressでHONZが紹介する『ルポ ニッポン絶望工場』(出井康博著)を読んだ。

 出井氏は留学生を鵜飼の「鵜」のようなものと評している。言い得て妙であるが、鵜飼は日本人であり、鵜は日本に憧れ、大きな希望を持ってくる留学生や技能実習生などであるから、日本のイメージや名誉にかかわる問題でもあり、感心しているわけにはいかない。

 日露戦争で勝利した日本は世界を瞠目させた。世界中から留学生がやって来て、帰国しては中心的存在として活躍し、日本の名を高からしめた。対照的に、いまの留学生や技能実習生にとっての日本が絶望工場では、恥ずかしい限りである。

 日本は単独には生きていけない。地勢的にはアジア諸国の一国として生きていくように運命づけられている。そうした意味では、アジアの留学生や技能実習生たちを失望させることは、日本の安全や存続にもかかわる大きな問題である。

日本の勝利が与えた影響

 日露戦争で日本が勝利するとみた国はほとんどなく、資金集めで日本は散々苦労した。超大国ロシアを相手に戦争する無鉄砲な国、気でも狂ったかと思われるのが精一杯であったのだ。

 世界の大国であったトルコ帝国、そしてナポレオンのフランスさえ、ロシアに敗北した。決定的な要因はマローズと呼ばれる「暴風雪」であり、ロジーナとロシア人が愛を込めて語る「母なる大地」が味方したからである。

 トルストイの『戦争と平和』でも、モスクワを指呼の間にしてフランス兵たちの士気はすこぶる高い。攻撃の号令がかかるのをいまかいまかと待っている。そこにナポレオンが下す命令は「準備せよ」である。意味を測り兼ねた伝令が確認すると、ナポレオンは「退却だ」と静かに応える。

 実はロシアの指揮官もナポレオンに大打撃を与えていたが補給などは途絶え、進軍はできない状況に置かれていた。しかし、マローズとロジーナはロシアに味方した。

 日本も203高地の攻撃では、深雪などに散々苦しめられる。乃木希典将軍は息子2人を戦死させる激戦であるが、大口径砲と「負けてはならじ」との敢闘精神を発揮して、勝利を引き寄せた。

 また、戦争は政治の延長であるというクラウゼヴィッツの「戦争論」を理解して、深追いすることなく幕引きを行った。目的を明確に理解していた戦略の勝利であったとも言える。

 「ロシア皇帝が日露戦争に負けたから、われわれは革命を成就できた」とレーニンが語っているように、ロシアの農奴を開放したのは日本と言うこともできる。

 日露戦争における日本の勝利は世界を驚かすとともに、植民地にされて苦しんでいた国々に「独立」の気風と勇気を与えたと言える。当時、アジアで独立していた国は日本とタイしかなかった。他はどの国も西欧列強の植民地となって虐げられ、搾取され、苦しんでいた。

 世界の虐げられていた諸民族の独立への夜明けとなり、人種平等や民族国家独立への道を歩ませる端緒となり、アジアの各国から後に国を背負って立つことになる留学生が大勢やってきた。

アジアの青年に希望と勇気

 フランスに亡命していた孫文がスエズ運河を経由して中国に帰って来る。スエズ運河で荷物を運んでいるアラブ人が孫文の顔をみて、「お前は日本人か」と聞く。

 「支那人だ、なぜか」と問い返すと、「いま、しきりに戦死者や負傷者が運ばれてくるが、日本海海戦が行われて、アジアの東の小さな日本という国がヨーロッパの大国ロシアに勝った、それが非常にうれしくて、日本人かと聞いたんだ」という。アラブ人の喜びが聞こえてきそうだ。

 孫文も「日本がロシアに勝った。これはアジア民族のヨーロッパに対する勝利であり、アジアの諸民族は非常に喚起し、大きな希望を抱くに至った」と、アジアの独立運動や民族主義運動が盛んになるという演説を行う。

 こうして孫文は近代中国建国の父と呼ばれることになる。日本への留学熱が一段と高まり、戦争翌年(1905年)の中国人留学生は1万2000人にもなる。この青年たちがのちに辛亥革命を実現することになる。

 ロシア艦隊がバルチック海からアフリカ南端の喜望峰を迂回し、インド洋を経由して南シナ海のトンキン湾沖に姿を見せた時、ベトナムの人々はその雄姿に度肝を抜かしたと言われる。

 ところが、そのバルチック艦隊を日本が破った、しかも日本側の被害はほとんどなかったということを知り、その時の驚きは形容しがたいほどであったと言われる。

 ベトナムでフランスからの独立運動を行っていた藩佩珠(ファン・ボイチャウ)は「日露戦役は実に私たちの頭脳に一世界を開かしめた」「米国の虎や欧州の鯨の横暴に対して、黄色人種として初めて歯止めをかけた。なぜ日本がそれを成し得たか、答えは東京にある。中国、朝鮮、インドからの留学生で溢れている。日本に学べ」と激を飛ばしている。

 また、日本亡命中の中国人梁啓超から日本が助けてくれるとの示唆を得て、「東遊運動」で若者約300人を日本に留学させ、ハノイには慶応義塾に倣い「トンキン義塾」を創設する。

 フィリピンでは長じて国会議員となるエンリケ・コーポラウが、「アジアの時代が来た。アジアがヨーロッパに対して立ち上がる時が来た」と歓喜している。

 ビルマ(現ミャンマー)のバ・モー首相は「日本の勝利はアジアの目覚めの発端、またはその発端の出発点とも呼べるものであった」と述べている。

 インドのネール青年は、日本が日露戦争に勝った後、日本について勉強しようと思うが、英語の本がほとんどなく、読んだ本がラフカディオ・ハーンの『神々の国日本』や『東の国から』であったという。

 それによって多神教やアニミズムの伝統、祖先崇拝の信仰を守り続けている国が、インド人の発想と同じであることを知る。以来インドは日本を敵視したことがないと言われる。

 その後首相となったネールは東京裁判の判事としてパール博士を送り出す。博士は、ただ1人、戦争開始前に「平和に対する罪」も、それを裁く法律もなかったと主張し、東京裁判条例は事後法で無効であり、全員無罪を主張したことは知られている。

 当時のインド紙「ヒタバディ」は、「インドのようなおとなしい羊でも虎に変身できる。我々は羊が虎になれないという過ちに気がついた。日本の勝利がインド人を覚醒し、英国と対等という前向きの思想に目覚めさせた」と報じた。

今日の日本では

 JBpressでも紹介されたが、メガネを無料で配って感謝されている企業もある。貰う方も日本に対して好印象を持つが、同時に企業に働く社員たちのモチベーションンも高くなり一挙両得である。

 また、某大手保険会社ではバレンタインデーの義理チョコをやめて、アフリカで困窮している人への募金に切り替えたという。

 社員には目に見えない重荷になっていた風習から解放された喜びと同時に、「役に立っている」義捐金という目に見える形の喜びに満足しているという。素晴らしいことであり、企業イメージも向上する妙案であろう。

 企業の中からはこうした善行の話も聞こえてくる。しかし、利益追求第一主義が労基法違反を生み出している企業も少なくない。

 労働基準監督署が行った立ち入り調査約1万の事業所のうち4割以上で違法な長時間労働が確認され、このうちの8割近くの事業所で過労死の認定ラインとされる残業時間が月80時間超であったという。違法残業が広く行なわれていた実態が明らかになったのである。

 最近でも日本を代表する大手広告代理店の電通で過労死が大きな社会問題となり、労基法違反で摘発され、監査を受けた。しかも新聞・雑誌・テレビ・ラジオという従来の媒体とは異なり、ネットに比重が移りつつある時代の働き方は、双方向性で瞬時に動いていく特徴がある。

 電通は広告業界のリーディング・カンパニーであり、ネット時代の労働はいかにあるべきか、こうした新しい分野に関する労働基準案、働く人たちの勤務環境を改善し、モデルを国民に提示するリーダー的存在であってほしかった。

 しかし、現実は、利益追求会社に成り下がり、会社ぐるみの勤務時間の改竄などによる長時間労働やパワハラとも思える状況もあったようである。社員にも会社のステータスを悪用する驕りが見られるなど、逸脱がみられたようである。

 週刊誌で暴露されている日本を代表するグローバル企業のユニクロ問題は従来型の労務管理である。日本的清潔感や顧客第一を徹底的に求める関係で、社員・準社員、そしてアルバイトがサービス残業をさせられ、会社ぐるみの隠蔽工作が行われていたというものである。

 さて、日本にやって来る留学生や技能実習生にとってはいかがであろうか。

日本らしい働き方は

 留学生や技術実習生に対して語学学校や専門学校、大学、会社や農業などにあっても、こうした心を持つべきではないだろうか。国の安全は、一防衛省だけの仕事ではなく、友邦国の協力があって可能である。

 戦後の教育で足りない最大のものが、国の安全問題であろう。外国人に良好な日本イメージを与えることは、安全保障の基本とも言える。

 これは、かつて日本の近代化に際して渋沢栄一が事業には道徳が伴わなければならないと主張したことと考えを同じくしている。渋沢は生涯において500の営利事業を起こしたとされるが、それ以上に600の社会公共事業を行っている。

 「余りあるをもって人を救わんとすれば、人を救う時なし」という論語の言葉を遵守し、独占資本家になるのではなく、資本主義社会のプロモーターであろうとした。

 実際、「我に一日の長あるがために、人の自ら卑しゅうして私の許に働らいてくれるにしても、人の一日の及ばざるのゆえをもって、私はその人を卑しめたくない。人は平等でなければならぬ。節制あり、礼譲ある平等でなければならぬ。私を徳とする人もあろうが、私も人を徳としている。畢竟世の中は相持ちと決めておるから、我も驕らず、彼も侮らず、互いに相許して毫末も乖離するところのなきように私は勤めておる」(『論語と算盤』)と書き残しており、「人を認める」ことを原点においていた渋沢であった。

 ただ儲けのために働く(働かせる)のではなく、今日言うところの「ウインウインの関係」が大切だという認識であったのだ。それを渋沢は「士魂商才」と呼んでいる。「武士は食わねど高楊枝」の心が士魂であり、自分以上に相手に幸せを叶えさせる心である。

 ただ今日では、労働には対価が不可欠という意味では、サービス残業はもってのほかであるから、同じ「武士は・・・」の解釈は、会社が薄利になっても対価だけはちゃんと払う心がけということになろうか。

 相手には家庭があり、家族がいて、また大きくは国を背負ってきていることを忘れてはなるまい。

 この心で相手を使い、同時に自分も儲かるようにしなければいけないというのだ。「儲ける」という字は「信」と「者」の合体であり、働く者、働かされる者双方が信じ合って初めて可能になるということでもあろう。

 しかし、先の大手企業の例からも分かるように、いまの日本は渋沢が言う「士魂商才」から「士魂」が抜けて、金儲け主体の面も多々見受けられるのではないだろうか。使用される人が外国人となれば、由々しき問題にもつながる。

 「天国のような国」と夢を抱いて日本にやって来た留学生や技能実習生たちを、またその国を、友邦国から敵対国にする危険性さえある。

 しかも、家族を犠牲にして日本にやって来た者たちを、地獄にも落としかねない状況に追いやっているとなれば、企業だけの問題でなく、日本としての大変な問題である。現に閉校させられた語学学校などもあると聞く。

 より根本的な問題が、留学計画を立て、また実習制度を立ち上げる官庁のエリートたちにあるというから、「日本の品格」が思いやられる。

搾取機関と化す天下り先

 文部科学省(以下文科省など)の天下りが問題になっており、大学も天下り先の1つであることがわかる。しかし、問題は文科省だけではなく、明るみに出たのは氷山の一角とされる。

 古賀茂明氏は『官僚の責任』で、官僚が国益でなく省益に走る原理を解き明かしている。氏の経産省同期入省25人中21人が東大卒で、昇進とともに狭き門となっていき、同期の落伍者は割愛され天下っていく。最終的には事務次官として1人が残ることになる。

 「省庁では活用する場のなくなった知恵やノウハウを、国民生活を向上させるべく独法や民間などで再利用するために天下りがあるのではなく、ひたすら自分たちの生活を守るためにあり、しかも無能な人たちに高給を保障するために税金が使われる」とズバリ指摘する。

 留学生30万人計画や技能実習制度で、日本を理解し、本国との懸け橋になる人物の養成を掲げているが、そうした学生や実習生を送り出し、また受け入れる組織が、これまた官庁の天下り先となって高給をむさぼり、留学生や実習生を搾取することによって困惑させているというに至っては、本末転倒もいいところである。

 出井氏は「実習生の受け入れでは、『監理団体』と呼ばれる斡旋団体を通すのがきまりだ。受け入れ先の企業は、監理団体に対して紹介料を支払う」わけで、形ばかりの日本語研修費などを含み、1人につき約50万円だそうである。

 また、年間10万円程度の「組合費」を払い、実習生が仕事を始めると、名目だけの管理費を毎月5万円程度払うことになるという。

 こうして、受け入れ先は日本人を雇用したと同じ賃金負担(約25万円)になるが、紹介料や管理費などを払うことから、実習生の手取りは月額10万円くらいにしかならず、失踪や反日につながるようである。

 実習制度を統括している公益財団法人「国際研修協力機構」(JITCO)は、法務・外務・厚労・経産・国交の5省が所管し、「各省庁の役人の天下り先でもある」と出井氏は言い、「実習生の受け入れ先の不満は強い。何の役にも立っておらず、単なるピンハネ機関と化しているからだ」と厳しく指弾する。

 こうした監理団体を介して官僚や政治家が利権を貪っているが、メディアなどは「実習生の受け入れ先の8割で法令違反がある」といった報道をする。これを受けて、厚労・外務の両省は新たな監視機関を設立するそうである。

 自分たちの天下り先が搾取しているのを隠して、受け入れ先を監視する新たな監視機関を作るというのであるから、マッチポンプもいいところで、「あくどい官僚ども!」と言う以外にない。

 官庁に就職するに当たっては世のため国のためという純粋に高貴な志操をもって入省したであろう。

 しかし、早く良い仕事、自分が理想とする仕事をやろうと思うと、古賀氏が言うに「早く出世しなければならない。・・・出世するためには・・・上司の言うとおりのことをやり、覚えめでたくなるように心がけなければならない。明らかにおかしいと感じたことでも、下手に逆らえば上司の不興を買い、出世が遠のいてしまう」。

 こうして、やりたいことをやろうとすると、「過去に上の人間が進めようとした政策を非難することはタブーであり、慣習になっていれば、たとえそれが仁義にもとることであっても、存続させなければならない」羽目になるというのである。

 従来の縦割りがこうした弊害をもたらしていたとして、高級幹部の人事は各省から内閣府で一括するようになったが、文科省事件が起きた。留学生や実習生についても、税金で留学生や技能実習生を受け入れながら、失踪させ、あるいは反日的意識をもたせる結果をもたらしている。

おわりに

 日本が安心安全の国になるためには、日本人の心構えが大切であると同時に、アジア諸国との共生が大切になってくる。その橋渡しが留学生や技能実習生であり、単なる労働者として使用するのはもったいなさ過ぎる。

 労働力が足りないと言いながら、ファストフード店などは24時間営業を続けてきた。いまようやく、24時間営業の是非が問われようとしている。本来24時間オープンが異常であったのだ。夜間の8時間は国民のほとんど、中でも明日の学校がある学生や仕事がある若者たちには、睡眠が不可欠である。

 「坂の上の雲」を目指した明治時代は、同時に「国家の品格」を求めていた。文明国として恥ずかしくない品格を身に着ける努力である。

 漱石は戦争に勝って1等国を目指すあまり表だけは良くなったが奥行が浅くなりすぎたと、小説『それから』で批判したが、ともかく矜持をもつようにエリートたちが率先して努めたのだ。

 今日のエリート官僚たちにおいておやと嘆かずにはおれない。真に国家の相克、生死存亡の関頭に立つ経験を持っていないからであろう。

 国際社会は荒れ模様である。普段から友邦国を増やす努力を怠らないことが肝心であろう。

筆者:森 清勇