映画「パッセンジャー」の日本版主題歌に起用されたJUJU(写真上)

写真拡大

宇宙船での120年の“冬眠”で新たな惑星へ移住するはずが、90年も早く目覚めてしまった宇宙でたった2人の男女の愛と運命を壮大なスケールで描く映画「パッセンジャー」が3月24日(金)に日本公開を迎える。

【写真を見る】バレンタインが誕生日のJUJUは日本語吹替版のテーマソングを歌う

今ハリウッドで最も注目される2人、実力派アカデミー賞女優ジェニファー・ローレンスと「ジュラシック・ワールド」など、世界的メガヒット作に次々と出演するクリス・プラットをW主演に迎え、宇宙で極限状態に置かれた男女の愛という、SF映画史上初のラブストーリー。

このたび、そんな本作の日本語吹替版テーマソングを担当するのが、圧倒的な歌唱力と心をぐっとつかむ世界観で男女問わず多くの支持を集めるアーティスト・JUJUに決定。JUJUの誕生日でもある2月14日(火)のバレンタインデーに発表された。

今回、映画会社より「JUJUさんのエモーショナルな歌声が、壮大な宇宙の雰囲気にぴったり。大人の男女のラブソングを歌えば宇宙一のJUJUさんに、究極の愛が描かれる本作のテーマソングを歌ってほしい!」とオファーされ、JUJUが快諾。

これまで、多くの映画やドラマへ楽曲提供をしてきたJUJUにとって自身初の「洋画実写映画への楽曲書き下ろし」となり、最高にロマンティックなコラボレーションが実現した。

映画「パッセンジャー」の日本語吹替版テーマソングの書き下ろしに際し、本作を見たというJUJUは「最後まで手に汗握りっぱなしでした! 宇宙でたった2人っきりというのが、ロマンティックに感じました」と、早くも魅了された様子。

また、今回書き下ろされた楽曲「Because of You」については「この人だと思える人と出逢えることの素晴らしさを伝えられたら、と思いながら歌わせていただきました」と、曲に込めた思いを語った。

「特別な誰かに出逢う日を待っている方にも、もう出逢っている方にもぜひ聴いていただけたらと思います!」と明かし、大切な人を思う全ての人へメッセージを送った。

バレンタインということもあり、大切な人へ愛を伝えようと思っている人は、JUJUからの“後押し”を胸に告白してみては?