MISIAの歌声が聴ける特別映像も解禁された/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

動物たちが歌う、ヒット曲や名曲満載のミュージック・エンタテインメント『SING/シング』(3月17日公開)。本作の日本語吹替版で、歌手のMISIAが映画の吹替えに初挑戦することが明らかになり、抜群の歌唱力を披露する特別本編映像も到着した。

【写真を見る】あがり症でも歌唱力抜群のゾウ、ミーナ/写真:SPLASH/アフロ

取り壊し寸前の劇場の支配人でコアラのバスター・ムーンが、再建をかけて歌のオーディションを開催。MISIAはそのオーディションに参加する、あがり症だが力強い歌声を持ったゾウのミーナを演じる。映像には、ジェフ・バックリィの名曲「ハレルヤ」を歌い上げるミーナに、バスターが思わず引き寄せられるシーンが展開。

ジェフ・バックリィはその美声から「天使の歌声」と称された人物。そんな偉大な人物の曲をMISIAはパワフルかつ繊細に歌い上げ、思わず聞き惚れてしまう。またバスターとの会話シーンもバッチリで、シャイなミーナを見事に演じきっている。

MISIAは「吹替えは初めての経験でしたが、ミーナちゃんが歌っている曲が、大好きなソウルミュージックばかりだったので、とても楽しみながら演じさせていただきました」

「『ミーシャがミーナになった』ので、今回吹替えにチャレンジしたことで、私も『人生が変わるステージ』に立ったつもりで歌わせていただきました。大人と子どもが一緒に観れる素敵な映画です。是非、劇場で体感してください!」と初めてのチャレンジについてコメントを寄せた。

『SING/シング』吹替版は、バスター役に内村光良、パンクなヤマアラシのアッシュ役に長澤まさみ、ギャングだが歌手を夢見るゴリラのジョニー役にスキマスイッチの大橋卓弥、いつでも陽気なブタのグンター役にトレンディエンジェルの斎藤司など、豪華キャストが勢ぞろいしている。【Movie Walker】