極度のあがり症の内気なゾウに (C)Universal Studios.

写真拡大

 MISIAが、世界中のヒットナンバーが60曲以上も使用される長編アニメ「SING シング」日本語吹き替え版で声優デビューすることが発表された。メインキャラクターの1人であるゾウのミーナに扮し、極度の上がり症だが、誰もが聞きほれる抜群の歌唱力を持つ役どころに挑戦している。

 経営難で閉鎖寸前の劇場の支配人バスター・ムーンが、大規模なオーディションを開催して起死回生を図るさまを描く本作。世界で唯一歌唱シーンも含めた“全編吹き替え版”で製作される日本語吹き替え版では、お笑いコンビ「ウッチャンナンチャン」の内村光良、長澤まさみ、音楽ユニット「スキマスイッチ」の大橋卓弥、お笑いコンビ「トレンディエンジェル」の斎藤司、大地真央、山寺宏一、坂本真綾、田中真弓、宮野真守、谷山紀章、水樹奈々、柿原徹也、村瀬歩、木村昴、佐倉綾音、元ボーカル&ダンスユニット「Dream5」の重本ことり、ファッションモデルの辻美優、シンガーソングライターの河口恭吾、若手ラッパーのMC☆ニガリa.k.a赤い稲妻とRude-αといった豪華な面々が顔をそろえた。

 大役を務めたMISIAは「吹き替えは初めての経験でしたが、自分と同じように歌が大好きで、しかもミーナちゃんが歌っている歌が、大好きなソウルミュージックばかりだったので、とても楽しみながら、吹き替えをさせていただきました。フリーテンポで歌っていたり、アカペラで歌っていたり、アドリブがさく裂したり。とにかくミーナちゃんはさまざまなスタイルで歌うシーンがあります。大変ではありましたが、とても『楽しい大変さ』でした。『ミーシャがミーナになった』ので、今回吹き替えにチャレンジしたことでミーナちゃんたちと同じく『人生が変わるステージ』に私も立ったつもりで歌わせていただきました」と初挑戦を振り返っている。

 ミーナに扮したMISIAが、ジェフ・バックリィの名曲「ハレルヤ」(日本語歌詞バージョン)を披露する本編映像も合わせて公開。オーディションで失敗してしまい、ステージスタッフとしてバスター(内村)の下で働くことになったミーナ(MISIA)が、圧倒的な歌唱力でバスターを驚かせるシーンで、存在感を発揮している。劇中ではそのほか、スティービー・ワンダーの「Don't You Worry 'Bout A Thing」を歌い上げる。

 「SING シング」は、音楽プロデューサーの蔦谷好位置と作詞家のいしわたり淳治が、それぞれ日本語吹き替え版の音楽プロデュースと日本語歌詞の監修を務める。3月17日から全国公開。