羽生結弦選手が作ったチョコレートを載せたチョコレートケーキ

写真拡大

2月14日(火)のバレンタインデーを前に、ロッテ「ガーナミルクチョコレート」のCM『真っ赤って、ときめき。羽生結弦スケート』篇に出演中の羽生結弦選手が、「ガーナミルクチョコレート 手づくりバレンタイン企画」に参加した。

【写真を見る】羽生結弦選手、カメラ目線でチョコレートケーキをパクリ!

羽生選手は、バレンタイン手づくりチョコレートには欠かせないテンパリング作業に挑戦することに。真っ赤なエプロン姿で登場した羽生選手は、まず、手伝いをしてくれるロッテ中央研究所の社員・吉田さんに「よろしくお願いします!」と笑顔であいさつ。

しかし、テンパリングに関する説明になると一転、真剣な表情を見せる。吉田さんの説明に時折うなずいては、「へぇ〜知らなかった!」と驚いた表情をするなど、テンパリング作業に興味津々の様子だった。

テンパリング作業に挑む羽生選手は「こんな感じで大丈夫ですか…?」と不安になりながらも、ゆっくりと丁寧に作業を進める。「本当に初めてですか? 上手です!」と驚く吉田さんに、「いえいえそんな…料理自体、ほとんどやらないので」と終始、謙遜気味の羽生選手だった。

作業を終え、「ふーっ」と長めに一息ついた羽生選手に、「どんどん上達していますよ!」と吉田さんが声を掛けると、「いえ、本当に“テンパ”ってます! かなり…(笑)」と、少し不安そうな様子も。その後も、吉田さんの作業を真剣な表情で見詰め、四方から観察していた。

あらためての挑戦では、動きのスピードが格段に上がりスムーズに。その上達ぶりに「やはりアスリートの方だからか、見て学ぶ姿勢がすごく伝わってきました。私も(その姿勢を)学ばさせていただきました!」と、思わず吉田さんも脱帽するほどだった。

照れた様子の羽生選手は「素晴らしいお手本が近くにある時は、学びのタイミングです。いろいろな角度から必死に見てました(笑)。テンパリング、もっと極めたいですね!」と、本業のフィギュアスケートと変わらない一生懸命な姿勢を見せた。

途中、チョコレートを試食した羽生選手は「すごくなめらか! うわーすごいおいしい…。風味が広がる!」と感動した様子。さらに、「いつも以上にチョコレート独特の甘さがあって、風味もありつつ、とてもなめらかだけれど、しっかりと“食べている”感覚がある。テンパリングするとこんなに違うんですね!」と感想を述べた。

そして、チョコプレートにメッセージを入れる作業にも挑戦。「全力」というメッセージを記したチョコプレートとともに、自身の顔がデザインされたチョコプレートをホールケーキの上に載せ、チョコレートケーキを完成させた。

早速食べた羽生選手は「もったいないから食べたくない!(笑) でも、いただきます!…うん、おいしい! 口触りがとってもなめらかで、ガーナミルクチョコレートの香りもしっかりしていて、すごくおいしいです!」と大満足の様子だった。

この挑戦を終え、羽生選手は「今回はバレンタインチョコレート作りの一部の工程をさせていただきましたが、(実際は)もっと大量のチョコレートを使って皆さん作られるのかなと思うと、すごくいい香りがするんだろうなと(笑)。

(テンパリング作業は)最初は難しく、肩に力も入ってしまったのですが、吉田さんの動きをすごく参考にして作業しました。最後の方では褒めていただき(笑)、すごい楽しかったです」と感想を語った。

さらに、「挑戦することは、もちろん不安も緊張もありますし、僕も今回(不安や緊張は)ありました。でも挑戦することによって楽しさも生まれるし、達成したときのときめきって特別なもの。ぜひその一瞬を、ガーナミルクチョコレートで味わってもらえたらなと思います」と、バレンタインを控える女性たちにメッセージを送った。