ブラッドリー・ウィットフォード
 - Jason LaVeris / FilmMagic / Getty Images

写真拡大

 ディック・ウルフの「シカゴ」シリーズ3作品がクロスオーバーするエピソードに、テレビドラマ「ザ・ホワイトハウス」のブラッドリー・ウィットフォードがゲスト出演するとEW.comが報じた。

 クロスオーバーをするのは「シカゴ・ファイア」「シカゴ P.D.」と最新のスピンオフ「シカゴ・ジャスティス(原題)/ Chicago Justice」。ブラッドリーは凄腕の被告側弁護士アルバート・フォレストを演じるとのこと。反対尋問の権威で、彼にとって重要なことは“現実的に見せること”で、真実はどうでもいいと考えているという。

 クロスオーバーは3月1日にアメリカで放送される「シカゴ・ファイア」からスタートする。(澤田理沙)