ロゴ熱、再燃中。新生カルバン・クラインをDIYしちゃうレベル #NYFW

写真拡大 (全2枚)

etalkさん(@etalkctv)が投稿した写真 -

2月9日にスタートしたニューヨーク ファッションウィーク。

前半戦、大きく話題をさらったのが、新生「Calvin Klein(カルバン・クライン)」です。

アナ・ウィンターやサラ・ジェシカ・パーカー。豪華セレブが勢ぞろいのフロントロウ

Raf Simons(ラフ・シモンズ)がチーフ・クリエイティブ・デザイナーとして就任して、初のコレクションです。

カラフルなパンツスタイル、ビニール素材を使用したフューチャリスティックなデザインで、ミニマルだったブランドイメージに新風を吹き込みました。

アナ・ウィンターやサラ・ジェシカ・パーカー、アレクサ・チャンにグウィネス・パルトロウなどのセレブが並んだフロントロウもゴージャス! ファッション界の注目度の高さも熱気も伝わってきます。

ロゴT人気を加速させるカルバン・クラインのシンプルさ。ケイトはDIYしたTシャツで登場

レタードファッションに注目したい今シーズン、フロントロウではケイト・ボスワーズのオリジナルロゴTに注目が集まりました。

今回のニューヨークファッションウィークでITアイテムの筆頭としてあげられるグッチのロゴTをはじめ、バレンシアガのロゴキャップ、ルイ・ヴィトンやシュープリームのロゴなど、ブランドロゴ熱が再燃しています。

ケイトのカルバン・クラインの新ブランドロゴをプリントしたTシャツ(といっても彼女の手作り!)は、デニムにもスカートにも、シンプルにもガーリーにも変幻自在できるアイテムは、いまの気分にぴったり。その完成度にも驚きです。

もともと90年代に、ケイト・モスによる下着のビジュアルでブランドロゴをファッションにしたカルバン・クライン。まだ販売されていないロゴTをわざわざDIYしちゃうケイト・ボスワーズのパッションもちょっとかわいい!

ファッションピープルの新生カルバン・クラインに対する期待度の高さを感じます。

[FASHIONISTA, The Sunday Morning Herald]

写真/gettyimages

こちらも読まれています

・白いバンダナを身につけて、不安を分けあう。やさしさがファッション界に広がっている #NYFW

・初日は猛吹雪。セレブはスニーカーで闊歩する #NYFW

・インパクトはグッチで作る。春のロゴTシャツ #GUCCI