バレンタインの恋愛成就を願って東京タワーをライトアップ

写真拡大

 中川大志と飯豊まりえが2月13日、東京タワーで行われた、共演作「きょうのキラ君」のバレンタインイベントに出席した。

 「バレンタインの思い出」を問われた中川は、「1年前の撮影の時、現場でバレンタインを迎えたんですけど、まりえちゃんがスタッフさん含め全員の分のブラウニーを作ってきてくれた」と振り返り、「甘いものって疲れていると嬉しい。そのブラウニーがめちゃくちゃおいしくて! 今日も全員の分を作ってきてくれて、さっき食べました」と、2年連続で飯豊の手作りブラウニーを堪能したことを明かした。

 さらに中川は、今年のブラウニーを「今日もしっとりしていました。どうやったらあんなにしっとりするのか」「やっぱり手作りは嬉しいですよね。もらえるだけでテンションが上がるのに、手作りだとなおさら」と絶賛。飯豊は、「さっき食べてくれました。割りばしで食べてたんですけど、割りばしが折れちゃったので、固かったのかなって心配しちゃいました」と照れ笑いを浮かべていた。

 また「バレンタインデーに告白する人へのアドバイス」を聞かれた2人は、「メールやラインなど、会わなくても伝えられる手段はいっぱいあるけれど、やっぱり直接顔を見て言われると嬉しいし、思いが届くんじゃないかな」(中川)、「男の子もどきどきしているから、バレンタインに言うっていいですよね。好きですってちゃんと伝えたほうが良いと思います。ストレートに!」(飯豊)と、恋する女性たちにエールを送った。

 この日は、恋する人々の恋愛成就を願って東京タワーをライトアップする演出もあった。2人が点灯スイッチを押すと、ゆっくりと赤とピンクに染まり、ロマンチックなムードに。「思いを伝える理想のシチュエーション」という話題では、中川が「東京タワーが見えるところで告白って、すごく大人だなって思います」と提案。一方の飯豊も、「なんでも嬉しいですけど、こういうイルミネーションを見ながら急に言われたらドキッとするかも」と同調した。

 みきもと凜氏の人気漫画を、「L・DK」「海月姫」の川村泰祐監督が映画化。他人と関わることが苦手な女子高生・ニノ(飯豊)が、思いを寄せるクラスメイト・キラ(中川)の“重大な秘密”を知ってしまったことを機に、キラを笑顔にしようと奮闘する姿を描く。「きょうのキラ君」は、2月25日から公開。