「幸福の科学」に出家した清水富美加(2016年5月撮影)

写真拡大

 宗教団体「幸福の科学」に出家すると発表された女優の清水富美加(22)がヒロインを演じる今夏公開予定の映画『東京喰種 トーキョーグール』の公式サイトが12日、騒動を受けサイト上にメッセージを掲載した。

 サイトでは、「この度のキャストに関する一連の報道を受け、映画『東京喰種 トーキョーグール』に対し、多大なるご心配をお掛けしております」と掲載。現在は状況を確認している状態だといい、「今後につきましては、進捗を見守りながら、関係各位と協議をしてまいります。発表については、こちらのページに随時情報を掲載して参ります。どうぞ、よろしくお願い致します」と報告するにとどめている。

 『東京喰種』は「週刊ヤングジャンプ」(集英社)で連載中の石田スイによる人気コミックを窪田正孝主演で実写化した作品。清水は人を食べる怪人・喰種(グール)であるヒロイン・霧嶋董香(トーカ)を演じており、先日、役づくりのため自身12年ぶりだというショートカットになったビジュアルが公開され話題になったばかりだった。

 “芸能界引退”とも報じられた清水は、『東京喰種』をだけでなく、映画『暗黒女子』(4月1日公開予定)、『笑う招き猫』(4月29日公開予定)などでメインの役どころを務めており、今後の活動をめぐる混乱は必至。『東京喰種』の発表からも、所属事務所や配給会社が対応に追われている様子が伝わってくる。(西村重人)