広島の主将MF青山敏弘、覇権奪還へ「紙一重の戦いでいかに勝ち切れるか」《Jリーグキックオフカンファレンス》

写真拡大

▽2017 Jリーグキックオフカンファレンスが13日に東京都内で開催。J1、J2、J3所属の全クラブから監督、選手が出席した。

▽その中、サンフレッチェ広島の主将を務めるMF青山敏弘が記者のインタビューに応対。チームの雰囲気、新戦力との連携面、覇権奪還を期する今シーズンに向けて意気込んだ。

◆MF青山敏弘(サンフレッチェ広島)
(C)CWS Brains,LTD.
──キャンプについて

「順調。僕らの中で『攻守の切り替え』という部分のスピード感をテーマに、その取り組みもできた。それが広島らしさなので」

──ベテランが去ったチームの雰囲気

「雰囲気は勝っていければ良いものになる。勝つために準備をしている段階です」

──新戦力とのフィーリング

「まだまだ。僕らは自由なサッカーじゃなく、規律を重んじたサッカー。そこを理解してもらえれば、僕たちの下でも個人の能力を十分に発揮してくれると思う。今はチームの規律やスタイルを落とし込んでくれている段階」

──新加入のFW工藤壮人との新たなホットライン

「そこもまだまだですね。お互いに伝え合っている段階です」

──今シーズンはACLがないですが国内に集中することができる状況について

「関係ないですね。ACLに出るチームは層も質も高く、Jリーグでも十分に勝てる力がある。僕らは毎試合、紙一重の戦いが続くと思うので、そこでいかに勝ちきれるか。昨年のままじゃ絶対に勝てない。意識高くやっていきたいです」

──新シーズンへの意気込み

「勝ちながら成長していきたいですし、その先に優勝というものも見えてくる。まずは毎試合、勝つということを意識していきたいです」