神戸移籍のFW田中順也が語るネルシーニョ監督という存在「彼ほど優勝させてくれる監督はいない」《Jリーグキックオフカンファレンス》

写真拡大

▽2017 Jリーグキックオフカンファレンスが13日に東京都内で開催。J1、J2、J3所属の全クラブから監督、選手が出席した。

▽ヴィッセル神戸に加入したFW田中順也が記者のインタビューに応対。移籍理由や神戸での目標について語った。

◆FW田中順也(ヴィッセル神戸)
(C)CWS Brains,LTD.
──新たなチームについて

「すごく選手たちが溶け込ませてくれるというか、仲良くしてくれるので居心地が良いです」

──自身を含めて良い補強動向

「でも、まだまだ改善しなくちゃいけないことが沢山ある。自分たちのレベルが高いとは少しも思っていないですし、もっとミス少なく、クオリティを上げていかないと優勝はできない。自分もしっかりと声を出して盛り上げていきたい。戦術面に関しては、監督がやってくれるので、心配はしていない。監督を信じて、走る準備をしておきたいです」

──移籍について。柏時代の恩師であるネルシーニョの存在

「彼ほど優勝させてくれる監督はなかなかいないですし、力がある人が引っ張ってくれることはチームとしてすごく大事なこと。もう一度、タイトルを獲りたいという思いがあったので、ネルシーニョの下に来ました」

──自身の目標

「シーズンを通して、戦力としてメンバーに入り、ゴールとアシストを量産することが目標です」

──セレッソ大阪もJ1に上がってきて関西が盛り上がっている

「セレッソの盛り上がり具合は羨ましい部分がある。神戸も同等の盛り上がりを見せられるように、面白い試合をしていきたい」

──新シーズンへの意気込み

「間違いなく優勝するためにはサポーターの力が必要。勝てる試合は何試合もあるので、応援よろしくお願いします」