自らハンドルを握って、ぶらぶらとドライブするのが趣味という、タレントの夏江紘実(かえ・ひろみ)さん。いまどき珍しい、真性のクルマ好き女子です。最近、ますます自動車にのめり込んでいるカエちゃんが、次の愛車にしたいのは……!?
1

今回のクルマ、フィアット500X クロスプラス!

フィアットとクライスラーが共同開発したジープ レネゲードのプラットフォームを使いながら、500(チンクエチェント)の丸目ヘッドライトや台形ノーズ、ボディを一周するプレスラインなどのデザインアイコンを巧みに取り入れ、オシャレなコンパクトSUVに仕立てています。試乗車クロスプラスの価格は334万8000円、ボディカラーは「ブルーアバター」、内装色は「ブラウン/グレー」をチョイス。


助手席の楽しそうな女子は・・? タレント・ラジオパーソナリティとして活躍する夏江紘実ちゃんです。ドライブ中は愛用のスマートフォンに入れたハワイアンミュージックを流しています。


49万円で購入した中古のトヨタ・プレミオ(2004年式)の年間走行距離は2万4000辧0γ紊呂△襪發里離妊ーラーの定期点検でエンジンオイル漏れが発覚。その修理代を見積もったらなんと40万円。というわけで、次期愛車選びは「企画」じゃなくてガチになりました。


試乗車は最上級モデルのクロスプラス。高級感たっぷりのレザーシートや8ウェイパワーシート&シートヒーター(前席のみ)も標準装備。ダークグレー仕上げのインストルメントパネルはクロスプラス専用装備です。


「ドアを開けた瞬間に目に飛び込んでくるのがシックな色合いのレザーシート。もうこれだけでもセレブ感がプンプンしていますよね。『カワイイ系』や『オシャレモード系』のコンパクトカーや軽自動車はたくさんありますが、ドアの内張りまでレザーだし、革巻きのステアリングも女の子向けに細くするんじゃなくて太くてゴッツイ。徹底して『ホンモノ感』を追求している感じがします」。


「ドライブ、行っちゃう?」「車高も高くてアウトドアなイメージですが、街なかでコレを普通の足代わりにサラっと乗りこなしているとカッコ良くて大門未知子みたいな爛妊ル女〞に見えると思います」。


自動防眩ルームミラーやダークグレーのインパネ(他はボディ同色)はクロスプラスの専用装備です。


センターコンソールにあるドライブムードセレクター。走行シーンに応じて車両の挙動を変化させる3つのモードを選択するダイヤルです。「オート」は一般道や市街地走行に適したモードで燃費を重視、「トラクション」は雨天時や路面凍結時、荒れた路面などタイヤが滑りやすい走行環境に適したモード、「スポーツ」はエンジンのレスポンスが向上し、スポーティな走りを楽しむためのモードです。


「スピードを上げた時の安定感は抜群ですね。ATは驚異の9速ですが、ギヤのつながりがスムーズで滑らかに加速します。乗り味は爛灰鵐僖ト〞とは思えないほど、どっしり落ち着いている印象で1クラス上の高級SUVのような感じ。タイヤが18インチと大きいのでもっとゴツゴツしているのかと思ったけれど、お尻に伝わる衝撃も少なくて優しい乗り味がとってもカエ好みです」。

31

フィアット500X クロスプラスは、ベーシックなポップスターとポップスタープラス、上級モデルのクロスプラスの3本立てです。


「オーナーみたい?」ジャケットとクロスプラスのレザーと同系統の色でコーディネート。こんな楽しみ方ができるのもオシャレなイタリア車ならでは。


ポップスターは専用デザインのファブリックシートで、運転席は高さ調整機構と電動ランバーサポート機構付き。ポップスタープラスとクロスプラスはレザーシートで、前席に8ウェイパワーシートとシートヒーターが備わります。ステアリングとシフトノブは全車レザー。インパネはポップスターとポップスタープラスがボディ同色になります。


「シートのサイド部分が結構張り出していて、体全体が包み込まれる感じで安心感があります。自分が運転せずに狃手席専門〞だったとしてもインパネの凝ったカタチや丸を基調にしたダイヤルやスイッチ、ドアノブなど、いろんな部分に遊び心たっぷりの演出が効いていてワクワクしちゃいます」。


「フォントが可愛い」ボディサイズこそ兄貴分の500とはだいぶ異なるものの、丸目のヘッドライトや台形ノーズなど特徴的なアイコンはしっかり継承され、紛れもなく500ファミリーの一員。500をモチーフにしたブランドロゴをフロントシートに刺繍。ホイールのセンターキャップやフロアマットなどいろんな場所にファミリーの証しである500のロゴが配されていています。

丸をモチーフにしたヘッドレストは3座席分備わり、左右にISOFIXチャイルドシートアンカーが備わります。


駐車場での撮影ですが、ちゃんとシートベルトをしてインプレッション。「なんか普通のシートと風合いが違うなと思ったら、部分的にプレタポルテ(高級既製服)の素材が使われているんですね。さすがはファッションセンス抜群なイタリア人。シートの質感にはこだわりますね。でも、これだけ内装がラグジュアリーな雰囲気だと、ドアを開けた時に猊装チェック〞されそう。乗る人のファッションセンスが求められそうです」。


「フロントシートは着座位置が少し高めでSUVっぽく見晴らしがいいのに比べて、リアシートは逆にお尻を沈み込ませて座るスタイル。ちょっぴりタイトに包み込まれる感じが高級セダンみたい。なんか前後で雰囲気が異なるのが不思議な感覚です。窓が小さいので若干圧迫感はありますが、シート自体はクッションが適度に硬くてロングドライブでも疲れにくそうです」。


エンジンは全車1.4Lの直4インタークーラー付きターボ。スペックはポップスター/ポップスタープラスが最高出力103kW(140馬力)/5000回転、最大トルク230Nm(23.5kgm)/1750回転。クロスプラスが125kW(170馬力)/5500回転、最大トルク250Nm(25.5kgm)です。


クロスプラスは前輪がスリップすると後輪にも駆動力が配分されるパッシブタイプの4WD。トランスミッションはトルコン式の9速AT。ポップスター/ポップスタープラスはFF(前輪駆動)で、トランスミッションはデュアルクラッチ式の6速ATです。


ラゲッジ容量は350L。リアシート格納時は1000Lまで拡大します。


リアシートは6:4分割可倒式で着脱式のトランクカバー付き。バックドアの開口が大きく、ラゲッジの床がフラットなので楽に荷物を積み下ろせます。


「見た目や車内の雰囲気は高級なんだけど、だからこそあえて着飾らないでカジュアルで乗るのがカッコいい。『普段使いしたい高級車』ですね」。

「意外に広いかも!?」「スタイル優先で実用性は二の次かと思っていたら、荷室は結構広いじゃないですか。今回試乗したモデルは雪道に強い四駆だから、ここにスキーやスノボのアイテムを積み込んでゲレンデに出掛けるのも楽しそう」。


「可愛いうえに、使えるヤツ!」「丸目のヘッドライトから始まって、シートのヘッドレストまで丸かったりと、エレガンスなのにさり気なく遊び心を盛り込むあたりがニクイ演出ですね。そのうえ荷室の広さや使い勝手を含めて実用性はしっかり押さえている。文武両道のスポーツマンみたいです」。


クロスプラスとポップスタープラスのヘッドライトはキセノン、ポップスターはハロゲン式。フロントとリヤのフォグランプは全車標準。


「この記事を読んでいるお父さん、こんなシャレたクルマを奥さんや娘さんにプレゼントしてあげたら間違いなく喜ばれますよ」。


兄弟車のジープ レネゲードはクロカンテイストですが、同じプラットフォームを使いながら、卓越したデザインセンスで見事にフィアット500ファミリーに『変身』しました。


「フィアット、大好きかも」「ルックスは丸っこくて可愛いけれど500じゃ小さすぎるし、パンダはカタチが…という人には絶妙なサイズ感で、スタイリングも500譲り。なかなかオイシイところを突いていますなぁ。アルファロメオは少しマニアックな感じだけど、フィアットなら気負わず普段着感覚で乗れるのも魅力的ですね」


楽しい時間は「アッ」という間に過ぎ、フィアット500Xとの別れの時間が近づいて来たのでした。

(文:湯目由明/モデル:夏江紘実/ヘア&メイク:中田愛美/写真:ダン・アオキ)

■夏江紘実(かえ ひろみ)
グラビアやイベントのほか、ラジオでも大活躍中の紘実チャン。FM NACK5「The Nutty Radio Showおに魂(毎週水曜20:00〜23:00)」では話題沸騰の古坂大魔王の相方を務める。ラジオ日本「Hello! I,Radio(毎週金曜9:00〜11:00)」も好評オンエアー中。木目パネルが似合う国産4ドアセダンをこよなく愛し、愛車は中古の先代トヨタプレミオをチョイス。購入後9ヶ月で走行距離が2万劼鯆兇┐襪曚匹離疋薀ぅ峭イで、道の駅巡りにもハマっている。

■湯目由明(よのめ よしあき)
新車雑誌やカスタム関連のムックのほか、カーグッズ専門誌での用品インプレッション、キャンピングカー専門誌では車中泊やクルマ旅をテーマにした取材を数多くこなす。愛車は2005年式R50ミニクーパーと1999年式S2000。クルマも好きだが鉄分も多い42歳。

【関連リンク】

・フィアット500X
http://www.fiat-auto.co.jp/500x

・夏江紘実
http://ameblo.jp/6363117/

「フィアット500X クロスプラス」イタリアンなのにジープ レネゲードの弟分!?【夏江ちゃんの次のクルマ選び!! Vol.03】(http://clicccar.com/2017/02/13/444940/)